パッポング通りの屋台街で高級腕時計の模造品を購入してみた

日中、ピングラーオにあるセントラル百貨店の3階に入っている美容室へ行って、ストレートパーマをかけてから、ヤオワラート通りの和成豊魚翅で友人たちとフカヒレスープを食べた。

その後、パッポング通りにある屋台街で OFFICINE PANERAI の RADIOMIR 8DAYS の模造品を購入した。この腕時計は、日本国内にある OFFICINE PANERAI の正規代理店において1,071,000円で販売されている機械式高級腕時計の模造品で、当初、スラウォング通り側の入口付近にある屋台のオジサンから4,200バーツ(11,886円)で売ると吹っかけられたが、「ほかの店を見てから戻ってくる」と言って立ち去る素振りを見せたところ、最終的に2,500バーツ(7,075円)まで値引きされた。ホンモノを購入する前に、一度、模造品を使ってみて、自分にとって本当に必要なものかどうか、検討を重ねてみるのも悪くないかもしれない。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。