無題

午前9時50分に起床して、スィーロム通りにあるマクドナルドで午後2時50分にメガマックセットを食べた。午後3時半、スラウォング通りにあるマッサージ屋 King’s Body House へ行って、2時間の全身マッサージ(330バーツ)を受けた。午後5時40分、世界的な不況の影響でまともな現地採用の求人がないと嘆いていた日本人の友人に電話をかけて、本帰国する前にバンコクで TOEIC の試験を受験しておくように勧めた。その後、一旦、ペッブリー1街路にあるホテル Bangkok City Inn (一泊900バーツ)へ戻ってから、午後7時50分に仕事帰りの友人と合流して、スクンウィット39街路にあるイタリア料理店 Bacco で夕食をとった(ふたりで870バーツ)。午後10時、ペッブリー1街路にあるホテル Bangkok City Inn まで友人に送り届けてもらった。

午後3時頃から、強烈な頭痛にずっと悩まされていたため、有意義なことは何もできなかった。日記を書く気力すらない。せっかくのイタリア料理も、ろくに味を覚えていない。メガマックのせいか、それとも風邪のひきはじめのせいなのか、分からないままだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。