タイ人「ラオスよりカンボジアのほうがもっとラオスだ」

20070901@2x

“อืม…เขมรลาวกว่า”(ウーム、カメーンラーオグワー)
「う~ん、カンボジアのほうがラオス」

夕方、パホンヨーティン30街路にある屋外型料理店「烏熱(オーユワ)」へ向かう途中の車中で、友人に「カンボジアとラオスのどちらのほうがよりラオスか?」と聞いてみところ、このような答えが返ってきた。タイ語のスラングを知らなければ、文意はまるで伝わらない。そのアベコベなところが可笑しくてならなかった。

タイ語でラーオと発音する「ラオス」という単語にはふたつの意味がある。① [固有名詞] タイの北方に隣接しているラオス人民民主共和国の通称。② [形容詞・俗語] ラオスのように田舎くさくてあまりにもイケてないさま。きのう午前10時すぎ、カンボジアのポーイペートにあるカジノ街で朝食をとろうとしたところ、バンコク人が入れそうなレストランはどこも準備中で店を閉めていた。そのとき、空腹で苛立っていた友人が “เขมรโคตรลาวว่ะ”(カメーンコートラーオワ) と言って愚痴をこぼした。「カンボジアは田舎くさくて、くそイケてない」という意味だ。

日本国内のタイ人社会においてタイ語の形容詞である「ラーオ」を使うときには、慎重の上にも慎重を期しておく必要がある。元娼婦たちのコミュニティーについてはいざ知らず、日本国内のまともなタイ人たちのコミュニティーはとても規模が小さいため、民族的・言語的に近いラオス人をコミュニティーに加えていることも珍しくない。パッと見ただけでは、タイ人とラオス人の違いは判別できないため、「タイ語話者はすべてタイ人」という前提で話を進めてしまうと、潜在的に民族対立の火種が漫然と燻っているところに油を注いでしまう結果となりかねない。

タイ国内の日本人社会には、タイ人すら「いらない」と言っている娼婦をゲットしただけで得意げに自慢している間抜けな自称プレイボーイたちや、平均的なタイ人程度の知識すらなく、タイ語の情報にもアクセスできない間抜けな自称タイ専門家たちがたぁくさんいる。しかも、タイに住んでいる年数に比例して、その勘違いの度合いがますます激しくなっていくからマジでキモい。まともな青春時代を送っていれば、普通、あそこまで女性に拘泥する大人にはならないだろう。それに、まともに情報を収集できるだけの能力があれば、情報の質ぐらいは自分で正しく判断できるのではないだろうか。僕にとって、一部の勘違い日本人たちに存在は、平均的なタイ人の水準にも劣るという意味で「ラーオ」そのものだが、彼らがその変態的な嗜好と経済的な理由から将来的にカンボジアへの移住を余儀なくされることを考えれば、今のうちから新語の「カメーン」(クメール)を提唱して、周知徹底を図るために使いまくっておくべきかもしれない(なぁ~んちって)。詳しくは、シリーズ「微笑みの国タイと厳しい現実」(全31回)をご覧ください。

お願い
筆者の名前を騙って、この文章をほかのブログのコメント欄や掲示板に貼り付けるのはやめてください。

午後11時15分、ホテル Bangkok City Suite をチェックアウトした。マーブンクローングセンターの前で友人と別れ、1階にある美容室の Hair Great で髪の毛を切った。400バーツだった。この界隈にある美容室は、どこも技術力が値段に見合っていないため、どうしても好きになれない。その後、スラウォング通りにあるマッサージ屋の King’s Body Massage へ行って2時間につき330バーツのマッサージを受けてから、高架電車ラーチャテーウィー駅の前で友人と合流した。パホンヨーティン30街路にある屋外型料理店の「烏熱(オーユワ)」で友人たち5人と夕食をとってから、「スッコーサモーソーン」で別の友人たち3人と午前零時まで酒を飲み続けた。今晩はホテル The Twin Towers の Executive-Room 3510号室に宿泊した。宿泊料金はタイ人向けの割引料金が適用されて、2,500バーツだった。

  • 石川 剛理

    ケイイチさんこんにちは。

    久しぶりの更新楽しく拝見させてもらいました、今回のタイ話は短期旅行?転勤?まあどちらにしても楽しく拝見させてもらっているので良いのですが。処でタイ語のネイティブな発音が落ちているようですが国内でのタイ人つながり(サバーイ系はほっといて)は無いのでしょうか?私は妻がタイ人と言う事もあって100人を超えるタイ人ラオ人と会っていますが(まともな付き合いが出来るのは10人位ですが)いませんか?
    もうひとつ別の話になりますが昨年妻の姪の結婚式でタイに行った際、階級社会を見せ付けられた場面がありました。妻の義姉の姉と挨拶したさいの一言、あなたは階級が違うけれど良い人だから挨拶してあげると言われました(良い意味で)。私はケイイチさんのブログでタイの階級社会のことを認識していたのですが一寸びっくり(その人の年収は7000万円位)&疑問が。もし階級が逆転するような事があった場合彼女は私とどおゆう関係になるのだろうかと言う事なのですが、どう思いますか?、、すみませんこのブログの趣旨と会わないかも知れませんが意見を聞いてみたくコメントして見ました。

  • 石川 剛理

    ケイイチさんこんにちは。

    久しぶりの更新楽しく拝見させてもらいました、今回のタイ話は短期旅行?転勤?まあどちらにしても楽しく拝見させてもらっているので良いのですが。処でタイ語のネイティブな発音が落ちているようですが国内でのタイ人つながり(サバーイ系はほっといて)は無いのでしょうか?私は妻がタイ人と言う事もあって100人を超えるタイ人ラオ人と会っていますが(まともな付き合いが出来るのは10人位ですが)いませんか?
    もうひとつ別の話になりますが昨年妻の姪の結婚式でタイに行った際、階級社会を見せ付けられた場面がありました。妻の義姉の姉と挨拶したさいの一言、あなたは階級が違うけれど良い人だから挨拶してあげると言われました(良い意味で)。私はケイイチさんのブログでタイの階級社会のことを認識していたのですが一寸びっくり(その人の年収は7000万円位)&疑問が。もし階級が逆転するような事があった場合彼女は私とどおゆう関係になるのだろうかと言う事なのですが、どう思いますか?、、すみませんこのブログの趣旨と会わないかも知れませんが意見を聞いてみたくコメントして見ました。

  • ボイ

    久しぶりにケイイチさんのHPをチェックしてみたら、更新されていたので楽しく拝読させて頂きました。やっぱり他のタイ関連のHPとは一味も二味も違うので、今後の更新にも期待しちゃいます。
    確かに、一部の勘違い日本人が一番のラーオかもしれませんね。彼らの言動には、同じ日本人としてがっかりさせられることもしょっちゅうですからね。物凄い日本語発音でタイ語を話しておきながらも、自分はタイ語が話せると平然と言えてしまう厚顔さには、呆れるのを通り越して尊敬すらしてしまいます…
    ところで、ここ最近、タイの女の子達(夜の子ではなく)が、随分軽くなってしまったような気がします。ギックと称して複数の男性と付き合ってる子も珍しくないですし。ちょっと残念ですね。

  • ボイ

    久しぶりにケイイチさんのHPをチェックしてみたら、更新されていたので楽しく拝読させて頂きました。やっぱり他のタイ関連のHPとは一味も二味も違うので、今後の更新にも期待しちゃいます。
    確かに、一部の勘違い日本人が一番のラーオかもしれませんね。彼らの言動には、同じ日本人としてがっかりさせられることもしょっちゅうですからね。物凄い日本語発音でタイ語を話しておきながらも、自分はタイ語が話せると平然と言えてしまう厚顔さには、呆れるのを通り越して尊敬すらしてしまいます…
    ところで、ここ最近、タイの女の子達(夜の子ではなく)が、随分軽くなってしまったような気がします。ギックと称して複数の男性と付き合ってる子も珍しくないですし。ちょっと残念ですね。

  • >石川さん、ご無沙汰しています。
    バンコク留学生日記をご覧くださり、ありがとうございます。

    やっぱり日本に住んでいるとタイ語能力は落ちますね。リスニング力や文法力は全然大丈夫なんですが、口の動きが話すスピードについていけなかったり、気の利いたセンテンスを作れなかったりと、いろいろ困っています。日本国内にもさまざまなタイ人コミュニティーがありますが、▽コミュニティーにタイ人以外の人(日本人など)を含んでいる▽本人が日本語を話したがるなどの理由から、なかなかタイ語で話す機会には恵まれません(僕も留学中に体験しましたが、十分なレベルの現地語を話しているときに現地人に別の言語で話されると、自分の現地語能力を否定されたかのようなイヤな気分になりますので、どんなに相手の日本語がヘボくても日本では日本語で話すよう努めています。でも、さすがに地下鉄で恋愛話をするときにはタイ語にしてもらってます)。

    「妻の姪の結婚式」の件ですが、年収7,000万円のタイ人にとって、日本人サラリーマンなんて、せいぜいタイの農民(年収15万円)くらいにしか見えないと思いますよ。もうこればかりは諦めるしかないと思います。「どういう関係になるか」という点については、「娼婦と結婚した日本人男性とタイ人農民の関係」を逆転させたかのような関係になると思います。なんとも釈然としない気分になられるかとは思いますが、これも運命と言うことで・・・・・・。あ、仕送りをお願いしたら、もらえるかもしれませんよ?(笑)

    >ボイさん、はじめまして。
    バンコク留学生日記をご覧くださり、ありがとうございます。

    なんてゆうか、「他のタイ関連のHP」ってキモいのが多いんですよね(もちろん一部には優れているサイトもあります)。ポーホック(小学校6年生程度タイ語試験=こんなんじゃ仕事では使い物にならない)にも受からないような日本人が「タイ語とタイ情報なら任せとけ」みたいに気取っていたり、タイ人が「いらない」と言っているような娼婦のケツばかり追い回していたり。

    マヘースィースダーヂャンならぬ、「グヘーチョーヘボイジャン」の称号を贈りたくなります(本人は「いらない」っていうでしょうけど、はは)。

    バンコク留学生日記を読み返してみて時々思うんですが、日本人、タイ人、男、女の区別なく、すべて「友人」と書いたのは正解だったと、いまになって非常に痛感しています。たぶん本人はイケてると思ってるんでしょうけど、「オレってモテモテ~」風の記述をすると、傍目にはとても品性低劣かつ頭悪そうに見えるんですよね(僕も約1400あるエントリーのうち、彼らに対抗して3回くらいやっちゃいました。まったく恥ずかしい限りです)。

    本当にモテモテで選り取り見取りだったら、普通、アピールするんじゃなくて、むしろ隠すと思うんですよね。タイ関連のウェブサイトを主催されている方って、その辺の感覚がズレてる人、本当に多いと思います。最近は、どうも変態グランプリが流行ってるみたいですね? グランプリに輝くのは・・・・・・ドドドドドドドド・・・・・・っていうのは冗談です(笑) あぶない、あぶない。調子に乗りすぎました。

    タイ人女性以外にも興味深いことはたくさんありますから、そちらの方に興味を持たれては・・・・・・とアドバイスしたくなることもありますが、他人のサイトを荒らすのは趣味じゃないので静観しています。

    まあ、でも、そのために▽日本人正社員としての生涯年収▽国民年金(基礎年金)▽厚生年金(2階部分の年金)▽企業年金(3階部分の年金)▽将来における「社会復帰への道」などを完全に放棄してタイに住んでいるわけですから、あんま虐めすぎちゃかわいそうなんですが・・・・・・酒と女に人生棒に振っちゃうような男って、普通に考えてめちゃくちゃ格好悪いと思うんですけど、どう思います?(笑)

  • >石川さん、ご無沙汰しています。
    バンコク留学生日記をご覧くださり、ありがとうございます。

    やっぱり日本に住んでいるとタイ語能力は落ちますね。リスニング力や文法力は全然大丈夫なんですが、口の動きが話すスピードについていけなかったり、気の利いたセンテンスを作れなかったりと、いろいろ困っています。日本国内にもさまざまなタイ人コミュニティーがありますが、▽コミュニティーにタイ人以外の人(日本人など)を含んでいる▽本人が日本語を話したがるなどの理由から、なかなかタイ語で話す機会には恵まれません(僕も留学中に体験しましたが、十分なレベルの現地語を話しているときに現地人に別の言語で話されると、自分の現地語能力を否定されたかのようなイヤな気分になりますので、どんなに相手の日本語がヘボくても日本では日本語で話すよう努めています。でも、さすがに地下鉄で恋愛話をするときにはタイ語にしてもらってます)。

    「妻の姪の結婚式」の件ですが、年収7,000万円のタイ人にとって、日本人サラリーマンなんて、せいぜいタイの農民(年収15万円)くらいにしか見えないと思いますよ。もうこればかりは諦めるしかないと思います。「どういう関係になるか」という点については、「娼婦と結婚した日本人男性とタイ人農民の関係」を逆転させたかのような関係になると思います。なんとも釈然としない気分になられるかとは思いますが、これも運命と言うことで・・・・・・。あ、仕送りをお願いしたら、もらえるかもしれませんよ?(笑)

    >ボイさん、はじめまして。
    バンコク留学生日記をご覧くださり、ありがとうございます。

    なんてゆうか、「他のタイ関連のHP」ってキモいのが多いんですよね(もちろん一部には優れているサイトもあります)。ポーホック(小学校6年生程度タイ語試験=こんなんじゃ仕事では使い物にならない)にも受からないような日本人が「タイ語とタイ情報なら任せとけ」みたいに気取っていたり、タイ人が「いらない」と言っているような娼婦のケツばかり追い回していたり。

    マヘースィースダーヂャンならぬ、「グヘーチョーヘボイジャン」の称号を贈りたくなります(本人は「いらない」っていうでしょうけど、はは)。

    バンコク留学生日記を読み返してみて時々思うんですが、日本人、タイ人、男、女の区別なく、すべて「友人」と書いたのは正解だったと、いまになって非常に痛感しています。たぶん本人はイケてると思ってるんでしょうけど、「オレってモテモテ~」風の記述をすると、傍目にはとても品性低劣かつ頭悪そうに見えるんですよね(僕も約1400あるエントリーのうち、彼らに対抗して3回くらいやっちゃいました。まったく恥ずかしい限りです)。

    本当にモテモテで選り取り見取りだったら、普通、アピールするんじゃなくて、むしろ隠すと思うんですよね。タイ関連のウェブサイトを主催されている方って、その辺の感覚がズレてる人、本当に多いと思います。最近は、どうも変態グランプリが流行ってるみたいですね? グランプリに輝くのは・・・・・・ドドドドドドドド・・・・・・っていうのは冗談です(笑) あぶない、あぶない。調子に乗りすぎました。

    タイ人女性以外にも興味深いことはたくさんありますから、そちらの方に興味を持たれては・・・・・・とアドバイスしたくなることもありますが、他人のサイトを荒らすのは趣味じゃないので静観しています。

    まあ、でも、そのために▽日本人正社員としての生涯年収▽国民年金(基礎年金)▽厚生年金(2階部分の年金)▽企業年金(3階部分の年金)▽将来における「社会復帰への道」などを完全に放棄してタイに住んでいるわけですから、あんま虐めすぎちゃかわいそうなんですが・・・・・・酒と女に人生棒に振っちゃうような男って、普通に考えてめちゃくちゃ格好悪いと思うんですけど、どう思います?(笑)

  • 2007年10月10日、バンコク留学生日記のデータベースが破損。10月13日にレンタルサーバーを変更し、9月中旬のバックアップを適用、復旧しました。そのため、9月中旬以降に投稿されたコメントは消失しました。

  • 2007年10月10日、バンコク留学生日記のデータベースが破損。10月13日にレンタルサーバーを変更し、9月中旬のバックアップを適用、復旧しました。そのため、9月中旬以降に投稿されたコメントは消失しました。

  • ケイイチさん、ご無沙汰しております。

    久々にブログを拝見したら、更新されていたので、以前のように楽しく拝見しました。

    暫くタイを離れていると、発音が落ちる、という辺り、私もイヤというほど身に覚えがあります。たった2週間帰国していただけなのに、中国語を話そうとすると、口が回らない!という状態に、何度陥ったことか・・・。

    そんな状態を避けるため、ではありませんが、このたび、上海での就職が決まりました。11月中旬に上海へ引っ越し、12月から勤務開始です。

    ケイイチさんも、お仕事頑張ってくださいね。

  • ケイイチさん、ご無沙汰しております。

    久々にブログを拝見したら、更新されていたので、以前のように楽しく拝見しました。

    暫くタイを離れていると、発音が落ちる、という辺り、私もイヤというほど身に覚えがあります。たった2週間帰国していただけなのに、中国語を話そうとすると、口が回らない!という状態に、何度陥ったことか・・・。

    そんな状態を避けるため、ではありませんが、このたび、上海での就職が決まりました。11月中旬に上海へ引っ越し、12月から勤務開始です。

    ケイイチさんも、お仕事頑張ってくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

2001年に金融機関の社内SEを辞めてタイへ渡り、タイ国立ヂュラーロンゴーン大学文学部が開講している外国人のための集中タイ語講座、インテンシブタイ・プログラムを修了しました。その後、アメリカ・ロサンゼルスにおける語学留学を経て、2006年にヂュラーロンゴーン大学大学院の東南アジア研究科修士課程を修了。以来、機械部品商社の海外営業、生産設備商社の海外営業を経験し、現在は機械メーカーの国内営業部門で海外現法向けの部品輸出を担当しています。