タイで旅行者が娼婦以外の一般女性と出会える機会はほとんどない

「タイの大学に通っていない僕のようなごくごく一般的な日本人にとって、タイ人の女の子と知り合いになれる機会なんて、せいぜい夜の歓楽街ぐらいしかないんですよ。日頃からケイイチさんがブログで『娼婦』と呼んでバカにしている売春婦たちのほかに、そもそも選択肢がないんです。タイ人のなかからいい女性を見つけて交際するのも、それはそれで個人の選択として否定するつもりはありませんが、僕は、バンコクにいる今だからこそ、バンコクに住んでいる日本人の女性と知り合いになって付き合うのがイチバンだと考えたのです」

午前零時半、スクンウィット22街路にある格安居酒屋「あさみ」2階の宴会場で、卒業前の休暇を利用してバンコクに滞在している立命館大学の男子学生は、ビールの中ジョッキを片手に持ったまま自説を雄弁に唱えていた。

だからこそ、バンコクにはタイ人の娼婦を自分の彼女にしてしまった哀れな日本人男性たちがそれこそごまんといるのだし、タイ人の全体が「女性=娼婦」といったとんでもない構図で語られがちになっているのだが、何はともあれ、何らかの制約によって世間一般のタイ人女性と交際することができないのであれば、身近にいる日本人の女性と交際したほうが良いに決まっている。タイ留学のパフォーマンスを最大化するといった観点では課題は残るものの、それでも「恋愛」を純粋に楽しもうといった観点から考えてみれば、むしろ王道と言えるのかもしれない。有償のサービスとしてタイ人の娼婦たちによって提供されているビジネス恋愛に入れ込んでしまうことに比べれば、はるかに優れている。

実のところ、バンコクでまともなタイ人の女性たちと知り合いになる方法は、タイの大学に通っていなくてもいくらでもあるのだが、とかく無謀な行動に走りがちな一部の日本人男性たちにそのノウハウが知れてしまうと、タイにおける日本人全体の評判を落とす原因にもなりかねないので、ここで公表することは差し控えたい。

午後2時、日系の海貨業者が引越費用の見積に来る予定になっていたので、スクンウィット13街路にある住まい Sukhumvit Suite 17階の自室で待機していたところ、東南アジア学研究室の職員から電話があって、「必修3科目のうち、東南アジア植民地論の論述問題で不合格になった。まだ時間はたっぷりあるから、一ヶ月間みっちりと復習して再試験に臨んでほしい」という話だった。しかし、今月末には日本で就職が内定している会社の新入社員研修会が始まってしまうため、なにがなんでも本帰国を2週間後の今月20日までに完了させている必要があり、やむなく職員に無理を言って追試験の日取りを今月16日に設定してもらった。もし、その試験でも不合格になった場合、規則によって除籍が確定する。午後3時、今月13日に期限が切れる留学ビザを延長をしてもらうために、スワンプルー通りにある入国管理局へ行ったところ、大学の招聘状ではなく、誤って明日からの旅行で泊まるホテルの予約証を持ってきてしまったため無駄足となった。午後8時半、プララームハー通り(ラーマ5世通り)にあるオシャレな中華料理屋へ行って夕食を取っていたところ、ブログ「バンコク遊学生日記」の作者であるユウスケさんから電話で飲み会に誘われたため、急遽大学院の日本人クラスメイトを誘って、居酒屋の「あさみ」へ出かけた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。