歯のホワイトニングをしてから不動産の即売会を見物してみた

「ちょっと風が強すぎない? すこし肌寒く感じるし、歯もズキズキする」

午後9時、ヂャランサニットウォング86/1街路にあるタイ料理店の Castaway で夕食をとっていたところ、ヂャーオプラヤー川に張り出している桟橋の上には、強い風が吹き付けてきていた。歯を治療したばかりで神経が過敏になっていたため、飲み物の冷たさはもちろん、風を少し受けただけでも強烈な痛みが走った。

午後、アソークモントリー21/1街路にある歯医者へ行き、45分間かけて虫歯になっていた親不知を抜いてから、1時間かけて歯のホワイトニングをしてもらった。料金は、抜歯が500バーツ、ホワイトニングが4,800バーツだった。

歯医者の向かいにある美容室で散髪(200バーツ)をして、タイタナーカーン銀行の営業部が入っているスーンミットタワービル行き、そこで働いている友人と合流してから、ラートプラーオ通りにあるセントラル百貨店の6階催事場で今週末までおこなわれている土地建物展に立ち寄って、グルングスィーアユッタヤー銀行の不動産部門のブースで店番をしている友人たちと合流した。

この土地建物展で展示されている不動産は、高架電車の沿線から少し離れたところにあるタウンハウスが中心で、130万バーツから210万バーツの価格帯の物件が多かった。なかでも、とりわけ気に入ったのは、高速道路の出入口のちかくにあってヂャーオプラヤー川に面している、メゾネットタイプのコンドミニアムの23階と24階の部屋で、専有面積は138平米、販売価格は760万バーツだった。

その後、ヂャランサニットウォング86/1街路にあるタイ料理店の Castaway へ行って夕食をとった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。