がらくた市場クローングトム

「だから行きたくないって言ったのよ。見てのとおり、魅力的なものなんて何一つとしてないでしょう?」

午後10時、サートゥプラディット1街路にある食堂へ行って友人と夕食をとり、スクンウィット13街路にある住まいへ戻っても特にやることがなかったため、土曜の夜から日曜の昼にかけて開かれているウォーラヂャック通りにある週末深夜定期市「クローングトム市場」を見物した。

ここは、タイにおける自動車用補修部品流通の中心地で、ありとあらゆる輸入自動車用の部品が所狭しと積み上げられていた。ほかに、リビルド工具、リビルドテレビ、リビルド婦人用鞄、ドラえもんグッズ、海賊版 DVD なども扱っていた。一般の消費者が興味を持ちそうなものとしては、正規版 CD/DVD の卸売店「ヂェー・ビッグス」 เจ-บิ๊กส์ ぐらいだろうか。露天が歩道いっぱいに広がっており、まともに歩けるような場所ではなかった。

きょうは、スクンウィット13街路にある住まい Sukhumvit Suite 17階の自室で、風邪のため夕方まで寝込んでいた。夜のパーティーを欠席して友人と夕食をとり、商業ビル「スィーウォーラヂャック」にクルマを駐めてクローングトム市場を見物した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。