ローイグラトングの日

「右からニンちゃん 38:25:36インチ、ベンツちゃん 36:23:33インチ、プローイちゃん 39:22:35インチ、ナットちゃん 40:26:38インチ、ミンちゃん 37:23:35インチでした! ペントハウスのモデルのみなさん、ありがとうございました!」

午後11時、バンコク東部のスィーナカリン通りにあるパブ Return に、タイの AV 女優5人組がやってきた。きょうローイグラトングの日は、タイではバレンタインデーに次ぐ『第2の国家的処女喪失日』といわれており、バンコク都内にあるパブでは、このような方法で集客を図り、オトコたちの「ヤル気」を煽っている。

「でも彼女たち、ちょっと太すぎるんじゃない? それにスリーサイズだって、どれだけ信用できるか分かったもんじゃないわ」

タイにおいて、国産のアダルトビデオは非常にニッチな市場といわれている。製作はもとより販売も法律で禁止されているため、業界全体の人材が乏しく AV 女優の質も低い。海賊版の VCD が販売されている店舗へ行けば40ほどのラインナップがあり、1枚100バーツ前後で販売されている。昨年の7月には、ウッカリ実名で AV に出演してしまったネットちゃん(当時19歳)が逮捕され、連日のようにマスコミを賑わせた。

タイ人女性のアダルトビデオ出演と人権問題

2004.07.29

20051116-2@2xステージの上にいた Penthouse の AV 女優5人組が去ったあと、テーブルに乗っていたグラトングに火をつけてみたところ、パチパチと火花が散った。線香の代わりに花火を刺すとは、なかなかやってくれるじゃないか。

いまではすっかりミーハーなお祭りと化しているローイグラトングの日だが、一応のフォローを入れておかないと、とんでもない誤解を招きかねないから念のため・・・・・・

20051116-3@2xローイグラトングとは、灯籠流しという意味のタイ語で、水の守護神「プラメーコングカー」に感謝をあらわすため、蓮の葉に似せて作られたグラトングと呼ばれる灯籠に、ろうそくや線香を立て、自分の爪や頭髪、硬貨などを入れて川や海へ流す。毎年タイ旧暦12月の満月の日に行われ、現在の暦では11月の満月の日がそれにあたる。

これまで、スコータイ朝のラームカムヘーング大王の時代にナーング・ノッパマートがグラトング(灯籠)を流したことが起源と信じられてきたが、最新の学説ではラッタナゴースィン朝の初期以降に始まったとする説が有力となっている(ローイグラトングに関する資料はラーマ3世時代に書かれたものがもっとも古く、それ以前にさかのぼって確認することができないため)。

また、タイの北部では布製のコームと呼ばれるバルーンを空に上げる「ローイコーム」、ターク県では「グラトングサーイ」、イーサーン地方では「ライルアファイ」が行われている。

20051116-4@2x午後、アソークモントリー通りにあるラッタニン眼科病院へ行ってレーシック(視力矯正手術)の予約を入れてから、大型スーパー Tesco Lotus へ友人と買い物に出かけた。ンガームウォングワーン通りにある粥屋「カーオトムウワンポーム」で夕食をとり、ヂャランサニットウォング98街路にあるウィムッタヤーラーム小学校にクルマを駐め、ヂャーオプラヤー川に灯篭を流した。その後、スィーナカリン通りにあるパブ Return へ行って別の友人たちと合流して酒を飲んだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。