バンコク在住日本人のハロウィンパーティー

きょうは、友人の日本人女性から誘いで、プラサーンミット通りにある日本人経営のクラブ Outer Room で催されたハロウィンパーティーに参加した。店内には現地採用や駐在員の老若男女たちがいて、日本人ならではの統制のとれた運営がなされていた。

日本人社会特有の息苦しさは感じたが、 DJ の選曲から店の雰囲気作りまで、すべてが日本人向けにできているため、ヒップホップやタイポップスを大音量で流しているタイ人向けのパブにウンザリしている人にはオススメしたい。

昼すぎ、高架電車のプローンポング駅前にある高級百貨店 Emporium へ行って浴室用の湯沸器を買ってから、サヤームスクウェアで友人がハロウィンパーティーで着る衣装を調達した。その後、スィーロム通りにある珈琲屋 Bug and Bee へ寄ってペーパーを書いてから、プラサーンミット通りにあるクラブ Outer Room へ出かけた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。