タイ大学めぐり その11

20051005c

ブーラパー大学は、タイ東部の沿岸部に複数の分校を有する国立大学で、海洋技術学部や宝飾品カレッジといった特色のある学部を多数設置している。チョンブリー本校にある海洋技術学部ビルには水族館が併設されており、地域の人々にも親しまれている。

昼すぎ、チョンブリー県アーングスィラーへ行って友人と買い物をしたついでに、バーングセーンにあるブーラパー大学に立ち寄った。バンコクへ戻る途中、バーングナー交差点の一帯で帰宅ラッシュに巻き込まれた。

おととい、浸水しているスクンウィット通りを強行突破したせいで、エンジンの能力が大幅に低下している。毎分2,600回転でリミッターのようなものがかかり、スピードが出せなくなっていたため、やむなくブーラパーウィティー自動車道(バーングナー・チョンブリー線)を最高時速96キロで走り続けた。クルマがこのような調子では、後期に予定している「タイ全国ツアー」が実行できない。

ABOUTこの記事をかいた人

2001年に金融機関の社内SEを辞めてタイへ渡り、タイ国立ヂュラーロンゴーン大学文学部が開講している外国人のための集中タイ語講座、インテンシブタイ・プログラムを修了しました。その後、アメリカ・ロサンゼルスにおける語学留学を経て、2006年にヂュラーロンゴーン大学大学院の東南アジア研究科修士課程を修了。以来、機械部品商社の海外営業、生産設備商社の海外営業を経験し、現在は機械メーカーの国内営業部門で海外現法向けの部品輸出を担当しています。