バンコクにおける愛人契約の相場

20050922

「このまえチャットをしていたときに、ある男が毎週土曜日に丸一日付き合ってくれれば月々20,000バーツの手当を支払うという話を持ちかけてきたから、相場は30,000~40,000バーツなんじゃないかって切り返してやったわ。もちろん興味本位でからかってやっただけなんだけど、最後には25,000バーツ出すとまで言ってきた。この男が女子大生に対して手慣れた様子で愛人契約の話を持ちかけてきているところから推測すると、おそらくすでにそれなりの実績があるってことなんじゃないかしら?」

夕方、きのうの二日酔いが抜けないまま自室でぼんやりとテレビを眺めていたところ、友人が夕食を差し入れに来てくれた。話は半ば上の空だったが、ふと、標準的な日本人の給与所得者がこれほどの大金を用意できるものかと気になった。もし仮に、タイにおける愛人契約の相場が月々30,000バーツであるのなら、年間で100万円弱の費用がかかる計算になる。

愛人の女性に対して支払われるいわゆる手当や仕送りは、お気に入りの娼婦に売春から足を洗わせ、自分ひとりで独占するための収入補償といった意味合いがある。ひとりの女性をいろいろな意味で拘束するわけだから、贅沢な生活などそれなりの見返りが必要となる。バンコクであれば、せめて大卒女性25歳の標準的な月給である20,000バーツ程度はほしいところ。相場は25,000~35,000バーツと言われており、40,000バーツ以上になると「そこそこオイシイ話」に分類される。

タイの援助交際について考える その2

2004.07.24

これが今、一部の日本人中年男性たちのあいだで流行っている。ところが、タイにおける愛人手当の相場は、日本の3分の1程度と決して安くはない。タイにおける所得の格差に疎い一部の日本人男性たちは、タイ人はみんな均質に貧しいと思い込み、毎月6,000バーツもやれば十分と考えているようだが、それでは高卒の工場労働者の月給にも劣るため、愛人に対して支払う手当としてはあまりにも少なすぎる。手当が少なければ、その愛人は、男性に対して手当の増額を要求するか、もしくはスポンサーとなる男性の数を増やさざるを得なくなるだろう。したがって、少額の手当や仕送りでは、特定の女性に売春から足を洗わせて、自分ひとりで独占するという、愛人契約本来の目的を果たすことはできない(そもそも十分な手当を支払ったところでどれだけ上手くいくのか疑わしい)。

一部の日本人中年男性たちは、「タイの女性は金の亡者だ」とよく言うが、恋愛ビジネスにおけるサービスの提供者が、サービスの利用者に対して正当な報酬を要求することのどこがおかしいのか?(それとも普通の恋愛と「ビジネスとしての恋愛」との区別すらついていないのか!?)。

私的なNGO活動として自己満足に浸りたいのであれば、本物のNGO団体に金銭を寄付をしてみてはいかがだろうか。中途半端なカネを愛人なり娼婦なりに与えたところで、どうせ麻薬の購入費やヒモの生活費に変わるのは目に見えている。それならば、最初から民間の団体を通じてタイの貧しい子どもたちに文房具などを提供し、将来における地球社会の発展に貢献したほうがよほど有意義なはずだ。一部の見当違いな同胞たちを見ていると、本当にいたたまれない気持ちになる。

この友人は、就職活動をしていたときに「高収入保証」と書いてある求人案件をインターネットで見つけ、電話で業務の内容について問い合わせてみたところ、なんとラッチャダーピセーク通りにあるマッサージパーラー(ソープランド)に繋がったという。そのときも今回と同じように興味本位で質問攻めにしたそうで、そのときはじめてマッサージパーラーで働いているマッサージ師(ソープ嬢)に月々50,000バーツの固定給のほか、チップによる追加収入があることを知ったという(肌は白くて目は大きいか、と電話中に何度も聞かれたらしい)。

ところで、冒頭にある友人の話にはオチがあった。

「この男、手当は毎月末に銀行の口座に振り込むとかほざいていたのよ。それでは、せいぜい1ヶ月間まるまる好き勝手なことをされたあげくにトンヅラをこかれるのがオチね。誰がそんなバカな話に付き合うもんですか!って思うけど、こんな誘いに乗ってしまう愚か者もきっといるんでしょうね。ま、わたしは端から誰かの愛人になるつもりなんかないから関係ないけど」

支払う側にとっても受け取る側にとっても自己責任。それが愛人契約の原則なのかもしれない。

昨晩、トーングロー通りにあるキャバレー Exotica Exclusive Club を出たあとの記憶が全くない。コンタクトレンズの左側はきちんと保存容器のなかに納められていたのに、なぜか右側だけが目のなかに入ったままだった。部屋の鍵やカバンが定位置にはなかったので、コンドミニアムの警備員が部屋まで送り届けてくれたのか、それとも自力で部屋まで戻って来たのか判断することもできない。まったく分からないことばかりで、朝からイヤな気分になった。

視力は午後3時ごろに回復し、午後6時には眩暈からも開放された。そのため、タームペーパー(学期末の課題小論文)の提出日が間近に迫っているにもかかわらず、昼寝をしたりネットサーフィンをしたりと、一日を無為に過ごしてしまった。

ここのところ、好奇心旺盛な人の話力には感心させられることが多い。好奇心は知識を蓄積し、知識はコミュニケーション能力として発揮される。

<関連記事>

リタイア後のタイ移住はオススメできない

2006.01.20

犬には犬のエサ 猫には猫のエサを

2005.08.16

タイにおける現役女子大生による援助交際

2005.06.01

娼婦との援助交際について考える

2004.08.17

ABOUTこの記事をかいた人

2001年に金融機関の社内SEを辞めてタイへ渡り、タイ国立ヂュラーロンゴーン大学文学部が開講している外国人のための集中タイ語講座、インテンシブタイ・プログラムを修了しました。その後、アメリカ・ロサンゼルスにおける語学留学を経て、2006年にヂュラーロンゴーン大学大学院の東南アジア研究科修士課程を修了。以来、機械部品商社の海外営業、生産設備商社の海外営業を経験し、現在は機械メーカーの国内営業部門で海外現法向けの部品輸出を担当しています。