ムーガタ屋

20050821c

「どうして今日の夕食が『ムーガタ』になってしまったかというと、実は・・・・・・ユーちゃんが『もう長いことムーガタ屋へ行っていないから味を忘れちゃった』と言い出したからなの。それにしても、いつ食べても酷い料理よね。みんなももう懲りたようだから安心して」

夜、ラームカムヘーング36街路にあるムーガタ屋からプララームガーオ41街路にあるアイスクリーム屋へ向かうクルマのなかで、友人がそう言った。

現在、ムーガタ屋はバンコクの都内に急増している。みんなで鍋(=ガタ)を囲んで豚肉(=ムー)を突きながら酒を飲んで、だらだらと時間を過ごすといった店で、コンセプトだけなら、日本にある寿司・焼肉食べ放題の店と同じような位置づけにある。鍋は、豚肉のほか、鶏肉や海鮮類を焼くための鉄板と、野菜類や麺類を茹でるための鍋が一体となっている。脂分が多い安物の食材をその中へ突っ込んで、辛いムーガタのタレに漬けてから食べる。この店は都市部の中流層以下をターゲットとしているため、手頃な価格に設定されている(時間無制限ひとり79バーツ~89バーツ)。店内の様子を見渡してみると、その客層の低さに驚く。

しかし、こんな料理では、食事をとりに来ているのか、はたまた太りに来ているのか、分からなくなる。服には焼肉屋独特のあの臭いがこびり付き、口の中も脂分でベタベタになった。顔全体が油ギッシュな厚い膜で覆われている。とうとう堪らなくなって、食後にアイスクリーム屋に寄って口直しをした。午後9時に帰宅し、翌日の午前3時までペーパー作業を続けた。

ABOUTこの記事をかいた人

2001年に金融機関の社内SEを辞めてタイへ渡り、タイ国立ヂュラーロンゴーン大学文学部が開講している外国人のための集中タイ語講座、インテンシブタイ・プログラムを修了しました。その後、アメリカ・ロサンゼルスにおける語学留学を経て、2006年にヂュラーロンゴーン大学大学院の東南アジア研究科修士課程を修了。以来、機械部品商社の海外営業、生産設備商社の海外営業を経験し、現在は機械メーカーの国内営業部門で海外現法向けの部品輸出を担当しています。