ヂャッグリー・マハープラーサート宮殿に立て籠もる

20050713c

「ちょっとぉ、あの辺なんて洪水になってるじゃないの? どうやってここから出ればいいのよ!?」

午後、ヂャッグリー・マハープラーサート宮殿の内部にある拝謁者控室で、優雅にタイの歴代国王や王族たちの肖像画を眺めていたところ、突如、宮殿全体を滝のような大雨が襲った。

ヂャッグリー・マハープラーサート宮殿は、ラッタナゴースィン朝開闢100周年を記念して、プラヂュンラヂョームグラーオ大王(1853-1910, ラーマ5世)により建設された。風格のあるイギリスのビクトリア様式と純粋なタイ様式が見事に融合されている建物で、白亜の宮殿とも呼ばれている。

20050713-2日本の庭園では白砂が池に例えられているそうだが、タイの伝統建築では石畳で海や川が表現されている。

モムラーチャウォングの称号を持っている王族(歴代国王の孫にあたる)の担当講師は、すでにヂャッグリー・マハープラーサート宮殿を出て、その左隣にあるアマリンウィニッヂャイ堂へ移動していた。しかし、一般公開されていない王宮の内部に、雨に濡れたくないという理由だけで、王族の講師なしに居座り続けるのは難しい。しかも雨脚が弱まる気配は一向にない。そこで一念発起して靴を脱ぎ、宮殿の前に広がっている「海」(=石畳, 水深25センチ)を裸足で駆け抜け、アマリンウィニッヂャイ堂へ飛び込んだ――と書くと、いかにもそれっぽいカンジになるが、実際はシャワーより強い雨のなかを走ってアマリンウィニッヂャイ堂に着いた頃には、プールに落ちた子供のように服がびしょ濡れのグシャグシャになっていた。

20050713-3きょうは、午前8時にクラスメイトたちと王宮前で集合し、豪雨のなかを王宮やワットスィーラッタナサーサダーラーム寺院(ワットプラゲーオ, エメラルド寺院)の非公開部分を見学してまわり、予定を切り上げて正午には解散した。スィンラパーゴーン大学の前にある食堂へ行ってクラスメイトたちと昼食をとった。洋服がびしょ濡れのままだったため、普段なら絶対に乗らない普通バス(エアコンなし, 6バーツ)で帰宅した。

その後、アヌサーワリーチャイサモーラプーム駅(戦勝記念塔駅)の前にあるパブ Saxophone へ行ってタイ旅行中のロサンゼルス留学時代の友人たちと夕食をとり、カーオサーン通りにあるクラブを3件ハシゴした。友人による説明のおかげで、なんとかタイのクラブシーンをロサンゼルスや六本木と比較できるようになった。ロサンゼルスのクラブについては一応知っているから、こんど日本へ帰ったときに六本木へ行って、参考文献のリストを作れば、ミニ論文ぐらいなら書けてしまうかもしれない。ちなみに、友人によると、カーオサーン通りのクラブがもっとも日本の感覚に近いそうだが、タイ式のパブに慣れきっている僕にとっては、貧相でまったくイケてないという印象のほうが強い。

  • YOKO

    ケイイチー! ケイイチのお陰でバンコクの滞在はとても楽しいものになったよー!  昨日明け方まで友達とチャットしながらバンコクの思い出とか「バンコク留学生日記」を見ながら語ったよ!   それと・・・・日本のクラブは貧しそうではないです(笑)カオサンでも私達にはそれは感じ取れなかったけれど・・・まぁ、ちょっと日本では見ない雰囲気を醸し出しているカップルとか女の子のグループとかはいたけれど・・・カオサンが日本に近いのはなんといってもノリだよ!ノリ!RCAは見た目こそ日本みたいと言ったけれど中身はびっくりだよー!帰国してから六本木が大好きな男友達にタイ(特にRCA)のクラブの説明をしたらびっくりしていたよ。「え?それってゆる目の曲がほとんどなの?・・・!JLOとかかかってんのに皆談笑のみ??!それクラブじゃねぇーよ!」って。笑  
    タイのクラブにすっかり慣れ親しんでいるケイイチには日本のクラブはどのように写るのでしょうか?  覚悟しておいて下さい! ケイイチ帰国の折には歓迎会を兼ねて朝まで連れまわして差し上げます!!  ^^
    そしてLA.バンコク・六本木のクラブのミニ論文提出してね~!     またタイに行きたいです! 

  • YOKO

    ケイイチー! ケイイチのお陰でバンコクの滞在はとても楽しいものになったよー!  昨日明け方まで友達とチャットしながらバンコクの思い出とか「バンコク留学生日記」を見ながら語ったよ!   それと・・・・日本のクラブは貧しそうではないです(笑)カオサンでも私達にはそれは感じ取れなかったけれど・・・まぁ、ちょっと日本では見ない雰囲気を醸し出しているカップルとか女の子のグループとかはいたけれど・・・カオサンが日本に近いのはなんといってもノリだよ!ノリ!RCAは見た目こそ日本みたいと言ったけれど中身はびっくりだよー!帰国してから六本木が大好きな男友達にタイ(特にRCA)のクラブの説明をしたらびっくりしていたよ。「え?それってゆる目の曲がほとんどなの?・・・!JLOとかかかってんのに皆談笑のみ??!それクラブじゃねぇーよ!」って。笑  
    タイのクラブにすっかり慣れ親しんでいるケイイチには日本のクラブはどのように写るのでしょうか?  覚悟しておいて下さい! ケイイチ帰国の折には歓迎会を兼ねて朝まで連れまわして差し上げます!!  ^^
    そしてLA.バンコク・六本木のクラブのミニ論文提出してね~!     またタイに行きたいです! 

  • ヨーコさん、こんにちは。

    このまえは久しぶりにナルシスサスへ行けて楽しかったです。今度、日本に一時帰国するときにメールするので、六本木の一番ホットなクラブに連れて行ってください。楽しみにしています。思いっきりはじけましょう!

  • ヨーコさん、こんにちは。

    このまえは久しぶりにナルシスサスへ行けて楽しかったです。今度、日本に一時帰国するときにメールするので、六本木の一番ホットなクラブに連れて行ってください。楽しみにしています。思いっきりはじけましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

2001年に金融機関の社内SEを辞めてタイへ渡り、タイ国立ヂュラーロンゴーン大学文学部が開講している外国人のための集中タイ語講座、インテンシブタイ・プログラムを修了しました。その後、アメリカ・ロサンゼルスにおける語学留学を経て、2006年にヂュラーロンゴーン大学大学院の東南アジア研究科修士課程を修了。以来、機械部品商社の海外営業、生産設備商社の海外営業を経験し、現在は機械メーカーの国内営業部門で海外現法向けの部品輸出を担当しています。