とある日系企業

20031001c

「毎週、週末にはバンコクに帰ってきているんだけど、平日はアユッタヤーにある日系企業の工場で働いているの。________って、あなたも聞いたことがあるでしょう?」

この会社については昨年7月、アユッタヤー方面にある工場を見学するための手配をしてくれた日本人出張者の方から、「ここだけは絶対に入ってはいけない」と何度も念を押されていたため知っていたが、それでも何を作っている会社なのか皆目見当がつかなかった。そこで、別の友人に助け舟を求めたところ、興味深いウワサをいくつか教えてくれた。

当事者から直接聞いた話ではないから、ここにその内容を詳しく書くわけにいかないが、岩井正和さんの著書「ミネベアはなぜ強い」(ダイヤモンド社)第5章の「タイが見たある日系企業」を、いずれ時間を見つけて読んでみたいと思っている。

きょうは、二日酔いに悩まされながらも、スィーロム通り沿いにある珈琲屋へ行って友人と時間をつぶしてから、トーングロー15街路の J-Avenue に入っている日本料理屋「大戸屋」で昼食をとり、ベーカリーカフェの Au Bon Pain で食後のドリンクを飲んでいたところ、別の友人がもうひとりの友人を連れてやってきた。

ABOUTこの記事をかいた人

2001年に金融機関の社内SEを辞めてタイへ渡り、タイ国立ヂュラーロンゴーン大学文学部が開講している外国人のための集中タイ語講座、インテンシブタイ・プログラムを修了しました。その後、アメリカ・ロサンゼルスにおける語学留学を経て、2006年にヂュラーロンゴーン大学大学院の東南アジア研究科修士課程を修了。以来、機械部品商社の海外営業、生産設備商社の海外営業を経験し、現在は機械メーカーの国内営業部門で海外現法向けの部品輸出を担当しています。