タイにおける現役女子大生による援助交際

「ビジネス学士大、娯楽ビジネスの淫売学士。このジョーク、どこかで聞いたことあるんじゃないかしら?」

ビジネス学士大
ここでは意味が伝わるように固有名詞をやむを得ず日本語に訳したが、正しくは「トゥラギットバンディット大学」のこと。

アヌサーワリーチャイサモーラプーム(戦勝記念塔)ロータリーの周辺にある歩道や商店は、どこもトゥラギットバンディット大学の制服を着ている学生たちで埋め尽くされていた。そんな風景を、渋滞にハマって立ち往生しているクルマのなかから眺めていると、助手席に座っていたラーチャパット・スワンドゥスィット大学の学生がいきなりとんでもなくシュールでブラックなジョークをぶっ放したので、思わず吹き出してしまった。

タイには下位私大を揶揄するジョークがあって、トゥラギットバンディット大学は現役学生による売春の多さと卒業の簡単さから、 ธุรกิจบัณฑิตย์ ธุรไก่บัณฑิต ธุรกิจบันเทิง(ビジネス学士大、娯楽ビジネスの淫売学士, トゥラギットバンディット・トゥラガイバンディット・トゥラギットバントゥーング)と揶揄されている。ほかにも、ホーガーンカータイ大学(タイ商工会議所大学)の ค้าไปเรียนไป(商売しながら学ぶ, カーパイリアンパイ)という言葉も知られている。

タイでも学生による売春は深刻な社会問題となっている。タイの売春市場において現役の女子大生は根強い人気を誇っており、日本国内における「女子高生」のようなブランドイメージが確立されている。

タイの若者たち、特に私立大学の学生たちのあいだでは、タイ特有の階級社会に対する親和性が極めて高い「ハイソ」と呼ばれるブランド志向的な消費スタイルが持て囃されている。そのため、高価な消費財を持っていない学生たちが大学で差別を受けることもしばしばあって、農村部出身の貧しい学生のなかには、都市部の裕福な学生たちと対抗するために、安易にカネが手に入る売春によって自力救済を図ろうとするケースがあとを絶たない。

援助交際をしている女子大生たちは、月々20,000バーツ程度の収入を目標に活動しているといわれている。一部の農村部出身の貧しい学生たちは、売春をして得た収入によって、都市部出身の学生たちが持っている高価な携帯電話(およそ20,000バーツ)、高価なハンドバッグ(2,000バーツ以上)、高価なハイヒール(1,800バーツ以上)などを調達している。なかには、目標としている月収を達成するために、複数の客から少額ずつの手当を受け取ってこともある(たとえば4人の男性から5,000バーツずつとか)。ちなみに、農村部出身者が多い都市部の高等教育機関はつぎのとおり(割合ではなく人数順, マンモス大学であればあるほど上位にランクされる)。

地方出身者が多い都市部の高等教育機関
ラーチャパット・スワンドゥスィット大学・スワンスナンター大学、スィーパトゥム大学、トゥラギットバンディット大学、ホーガーンカータイ大学、ラングスィット大学、サヤーム大学、グルングテープ大学

上位国立大に通っているプライドの高い女子学生たちが売春に手を染めることはほとんどないが、文系最難関のヂュラーロンゴーン大学文学部でも数年前、学生の売春行為が露見する珍事があった。この学生は「神聖なるヂュラー文学部の名誉を著しく損なった」として、クラスメイトたちからさんざん糾弾されたあげく、最終的には退学を余儀なくされた。当時の文学部に通っていた元学生によると、「恥ずかしさのあまり登校できなくなったようで、気がついたときにはもういなくなっていた」という。

学生によるいわゆる援助交際は、タイでは นักศึกษาขายตัว(ナックスックサーカーイトゥワ, 学生売春)、もしくは นักศึกษาขายบริการทางเพศ(ナックスックッサーカーイボリガーンターングペート, 学生性的サービス)と、より直接的な言葉で表現されている。

セックスツーリズムに参加している日本人観光客(もしくは在住者)の大半は、日本人向けのカラオケスナックで働いている娼婦、Go Go Bar で水着を着て踊っている娼婦、街娼などといった、タイ人向けの売春市場では見向きもされないような敗残者ばかりを相手にしている。タイ人的な感性では、自分の恋人が娼婦というだけでも思いっきりアウトなのに、なぜかその中でも最低レベルの敗残娼婦ばかりをゲットして、それで悦に入っているから本当に滑稽でならない。言い換えると、日本人の買春愛好家たちは、タイ人が「いらない」と言っているものばかりを集めて、大喜びしているにすぎない。虚しくはならないのだろうか? 買春をしない僕には端から無縁な話しだが、彼らは身近にいるタイ人女性との関わり方について、今一度検討し直した方がよいのではないか?

昼すぎ、ラーチャプラーロップ通りにあるタイの最高層ホテル「バイヨックサガーイ」78階の展望食堂へ行って、友人とインターナショナル料理のビュッフェ(ひとり350バーツ)を食べた。料理の味は全然ダメだったが、種類は多く、日本食もあった。純粋にバンコクの景色を眺めに行くのであれば、十分に採算が合うだろう。その後、友人と別れてから、スクンウィット15街路にある自動車整備工場へ行って、後部バンパーやサイドミラーに付いていた傷を補修してもらうためにクルマを預けた。

夜、スクンウィット13街路にある住まい Sukhumvit Suite 17階の自室にやって来た別の友人から興味深い話を聞いた。

「ほら、わたしはセンター入試でどの国立大学にも受からなかったでしょ。それで落ち込んでいたところ、グルングテープ大学やホーガーンカータイ大学の出願にも間に合わなくなっていて、仕方なく近所にあるトゥラギットバンディット大学に入ったんだけど・・・・・・入学して間もなく、男子学生たちが『校門の警備員が売春をしている女子学生の顔写真と電話番号を持っていて斡旋してくれる』と話しているのを聞いて驚いた。しかも、その警備員に直接話を聞きに行ったら、なんと事実だったのよ!! それ以外にも、当時出版された何かの本で、売春率ナンバーワンの大学として紹介されていたのを見て、これはもう本当にヤバいって思ったわ。だから、すぐに退学して、1年後にグルングテープ大学を受験して入り直したの」

これが嘘のようなホントの話か、それとも単なる都市伝説にすぎないのか、僕には分からない。ただ、そのような認識がバンコク都内の大学に通っている学生たちのあいだに広く定着していることは間違いない。

半年ほど前、 Central World Plaza の向かいにある台湾式足ツボマッサージ屋で読んだ日本語性風俗情報誌 G Diary に、大学生による援助交際についての特集記事が組まれていたが、どうせやるならこれぐらいの調査をしてから書いてもらいたいと友人が苦言を呈していたのを思い出した。

この記事を書くにあたっては、要旨が偏ったものにならないよう、できるだけ多くの友人たちに情報の提供を依頼した。特に次の教育機関に通う友人たちの話が参考になった。

情報提供者一覧(所属している教育機関名のみ)
ヂュラーロンゴーン大学文学部・理学部、タンマサート大学文学部・政治学部・社会学部、チアングマイ大学経営学部、スィンラパーゴーン大学文学部、マヒドン大学経営学部、スィーナカリンウィロート大学文学部、ラームカムヘーング大学法学部、グルングテープ大学工学部・経営学部、アサンプション大学文学部・経営学部・法学部、ホーガーンカータイ大学文学部・情報学部、ラングスィット大学文学部・情報学部、トゥラギットバンディット大学商学部・情報学部、スィーパトゥム大学文学部、グルーク大学商学部、マハーナコーン工科大学商学部、プラヂョームグラーオ工科大学北プラナコーン校工学部、ラーチャパット・スワンドゥスィット大学情報学部、ラッタナバンディット大学商学部、アンタウィット商業高等専門学校商業科。

協力してくれた友人たちに感謝します。

【素人タイ人女性】シロウトとはいったい何のことか?

2005.05.09

娼婦に例外はあるか その3

2004.12.13

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。