ついに晴れて自由の身になる

20050316c

あさ、ポーヂョー・アウンサン市場にある土産物街へ行ってクラスメイトたちと散策した。巻きスカートの「ロンヂー」を売っている店の店主によると、ミャンマーの通貨「ヂャット」の交換レートは1ドル=900ヂャットだった。外国人観光客を見つけては声をかけていた貴金属屋の若い男も同じレートを提示してきていたから、おそらくこれが相場なんだろう。今回の旅行初日にミャンマー人のツアーガイドが「利益なしの市場価格」と言って1ドル=860ヂャットで両替してくれたが、実際にはどうやら4%強の手数料を取られていたようだ。ちなみに、ミャンマーは二重為替相場制を導入しており、公定レートが1ドル=6.3589ヂャット、公認市場レートが 1ドル=450ヂャットと実勢価格から著しく乖離している。

昼、日本料理店「富士」へ行って鉛のように硬いエビフライを歯茎から血を流しながら食べ、バンコクへの帰路に着いた。

夜、トーングロー15街路にあるショッピングモール J-Avenue に入っている大戸屋に寄って久々にまともな日本料理を食べた。コンドミニアムへ戻るタクシーのなかで12日ぶりに回復した自由をひしひしと噛みしめていたが、長旅による疲れのせいで友人と会う気も起こらず、素直にスクンウィット13街路にある住まい Sukhumvit Suite 17階の自室に戻ってシャワー室へ直行した。

ABOUTこの記事をかいた人

2001年に金融機関の社内SEを辞めてタイへ渡り、タイ国立ヂュラーロンゴーン大学文学部が開講している外国人のための集中タイ語講座、インテンシブタイ・プログラムを修了しました。その後、アメリカ・ロサンゼルスにおける語学留学を経て、2006年にヂュラーロンゴーン大学大学院の東南アジア研究科修士課程を修了。以来、機械部品商社の海外営業、生産設備商社の海外営業を経験し、現在は機械メーカーの国内営業部門で海外現法向けの部品輸出を担当しています。