地獄の日々にも彩りを

20050211c

きょうは、スクンウィット13街路にある住まい Sukhumvit Suite 17階の自室に朝から籠もって、一日中ペーパーを書いていた。前学期のこの時期は平凡な毎日にならないようにいろいろと工夫をしていたけれど、このままだと今学期末はペーパー書き一色の日々になってしまいそうだ。それでも、たとえどんなにペーパー作業に忙殺されていようとも、やはり彩りのある日々を送りたい。そこで、午後11時にはパソコンの電源を切って友人に電話をかけた。

午後11時半、ペッブリータットマイ通り(ニューペッブリー通り)にあるアマリアトリウムホテルのパブ Mingles へ友人と出かけてハッピーアワーの半額カクテルを楽しんだ。アメリカのテレビドラマに出てくるようなオシャレなカクテルラウンジで、奇妙なかたちをしたカクテルグラスを片手に友人と日々の生活について語り合った。こんな幸せな日々が永遠に続くはずもないと思い、留学が終わるまでの一日一日を大切に過ごさなければいけないと気を引き締めた。

ABOUTこの記事をかいた人

2001年に金融機関の社内SEを辞めてタイへ渡り、タイ国立ヂュラーロンゴーン大学文学部が開講している外国人のための集中タイ語講座、インテンシブタイ・プログラムを修了しました。その後、アメリカ・ロサンゼルスにおける語学留学を経て、2006年にヂュラーロンゴーン大学大学院の東南アジア研究科修士課程を修了。以来、機械部品商社の海外営業、生産設備商社の海外営業を経験し、現在は機械メーカーの国内営業部門で海外現法向けの部品輸出を担当しています。