ノートパソコン壊れる

深夜、スクンウィット13街路にある住まい Sukhumvit Suite 17階の自室でペーパーを書いていたところ、ノートパソコンに衝撃を与えるとすぐにファミコンのようなバグを起こしてしまうのが気になって自分で分解を始めた。ところが、キーボードまで使えなくなり、とうとう自分の手には負えなくなってしまった。

学期末のペーパー提出期限まであと1ヶ月。これからノートパソコンを修理するために日本へ送って、戻ってくるまで待っている時間はない。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。