ドーンムアング空港の税関を突破

20041025c

バンコク・ドーンムアング国際空港の税関検査が簡素化された。これまでは機内で配布される税関申告書類に必要事項を記入して空港の税関に提出するという手順だったが、今後は申告すべき課税対象品がない場合には提出が免除され、パスポートを提示する必要もなくなった。

ところが、今回の荷物は大量にあった。どこの誰が見ても大量の課税対象品が入っていると一目で分かるような物々しさがあった。機内に預けていた中型のスーツケース2個のほかに、カップラーメンがそれぞれ12個ずつ入っている段ボール箱4つを受取回転台から台車に載せ替えて、そのまま税関審査場へアプローチした。

「内容物を検査しますので、荷物をこちらの検査機に通してください」

案の定、税関の職員に呼び止められた。しかし、職員はタイ語で話しかけてきている。バンコク・ドーンムアング国際空港の税関は、タイ人に対してはかなり甘いから、このまま外国人であることがバレなければ大目に見てもらえるかもしれない。ここはタイ人であるかのように振る舞って、何が何でも税関職員の目を欺いて、何事もなかったかのようにやり過ごしたい。そう思って、荷物を次から次へと検査機に投入していった。

今回、僕が日本から持ってきた物品のうち、課税対象となるのはぜんぶで5点、精密機械約45万円分にのぼる。輸入関税率は30%ぐらいだろうから、モロに課税されるとタイ商業銀行にある僕の預金口座から10万円強が吹っ飛ぶ計算になる。

検査機から出てきた荷物をすぐに台車に載せ替えて出口へ向かった。検査場の方から、なにやら大きな声が聞こえたような気もするが、もし何か問題があるようなら追いかけてくるだろう。

今回から税関検査が簡素化されて、パスポートの提示が義務づけられなくなったおかげで、約10万円の関税を払わずに済んだ。

ABOUTこの記事をかいた人

2001年に金融機関の社内SEを辞めてタイへ渡り、タイ国立ヂュラーロンゴーン大学文学部が開講している外国人のための集中タイ語講座、インテンシブタイ・プログラムを修了しました。その後、アメリカ・ロサンゼルスにおける語学留学を経て、2006年にヂュラーロンゴーン大学大学院の東南アジア研究科修士課程を修了。以来、機械部品商社の海外営業、生産設備商社の海外営業を経験し、現在は機械メーカーの国内営業部門で海外現法向けの部品輸出を担当しています。