オーム 教室に潜入

きょうのプレゼンテーションの準備を午前4時までしていたせいで、目が覚めたのは午前中の講義が始まる午前9時ちょうどだった。眠い目をこすりながら急いで身支度を済ませて、クルマでヂュラーロンゴーン大学へ向かった。

文学部のボロムラーチャグンマリー館にある教室に着いたとき、すでにクラスメイトたちがタームペーパー(学期末小論文)のプレゼンテーションを始めていた。ガラス戸をあけて担当教授にワーイ(手を合わせる)の挨拶をしたが、あまりの眠さに自分の目の焦点が定まらず、薄暗い教室の中の状況が今ひとつ把握できなかった。それでもなんとか空いている席を見つけ、倒れこむようにして着席した。

けさ未明、きょうのプレゼンテーションで使う Powerpoint の資料を作ってからすぐに寝てしまったため、まだスペルや文法のチェックが終わっていない。それらの確認を自分に順番が回ってくるまでのあいだに済ませてしまおうと、クラスメイトたちのプレゼンテーションを聞きながらノートパソコンを開いて作業に没頭した。そして、ふと顔を上げて教室内を見渡してみると、いままで教室内で見たことのない学生の姿があった。

オームだった。ヂュラーロンゴーン大学ではまだ珍しい明るい栗色の頭髪と見慣れた横顔。3日前に交際を始めたばかりの文学部フランス語専攻のオームに間違いない。

(よりにもよって、なんでこんな日に、どうして大学院のクラスに参加いるんだ!?)

僕は世の理不尽を呪いながら教壇へ向かい、そして与えられた課題をそつなくこなすことだけを考えてタームペーパーの内容を簡単に要約したプレゼンテーションを始めた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。