プレゼンテーション

20020618c

午後の講座「東南アジア文明論」でタームペーパー(学期末小論文)のプレゼンテーションがあった。参加者は担当講師とクラスメイトたち30人で、持ち時間はひとり15分だった。本来であれば40分はほしい内容を15分以内にまとめて、 Microsoft Powerpoint やプロジェクターなどを駆使して説明した。

放課後、ヂュラーロンゴーン大学の中央図書館で自習仲間たちとペーパーを書き、 Coffee Society へ向かった。

ABOUTこの記事をかいた人

2001年に金融機関の社内SEを辞めてタイへ渡り、タイ国立ヂュラーロンゴーン大学文学部が開講している外国人のための集中タイ語講座、インテンシブタイ・プログラムを修了しました。その後、アメリカ・ロサンゼルスにおける語学留学を経て、2006年にヂュラーロンゴーン大学大学院の東南アジア研究科修士課程を修了。以来、機械部品商社の海外営業、生産設備商社の海外営業を経験し、現在は機械メーカーの国内営業部門で海外現法向けの部品輸出を担当しています。