学期末小論文 タームペーパー 提出期限迫る

20040902c

今学期は東南アジア研究科とタイ研究科の修士課程向け講座を3科目履修している。その学期末試験が間近に迫っており、きょう3科目分の英文タームペーパー(学期末小論文)合計90枚を18日以内に完成させなければならないという現実をクラスメイトから突きつけられて、一瞬目の前が真っ暗になった。

朝、タイ研究科の「タイ史博物館論」の講座でタイ銀行(タイの中央銀行)附属の博物館を見学したが、このような状況下では優雅に日記を書いて振り返っている余裕なんかない。夜、トーングロー21街路にある微妙にハイソなパブ「ソーングサルング」へ友人たちと遊びに行く約束になっていたが、当然それも断った。

けっこう本気で焦っている。

ABOUTこの記事をかいた人

2001年に金融機関の社内SEを辞めてタイへ渡り、タイ国立ヂュラーロンゴーン大学文学部が開講している外国人のための集中タイ語講座、インテンシブタイ・プログラムを修了しました。その後、アメリカ・ロサンゼルスにおける語学留学を経て、2006年にヂュラーロンゴーン大学大学院の東南アジア研究科修士課程を修了。以来、機械部品商社の海外営業、生産設備商社の海外営業を経験し、現在は機械メーカーの国内営業部門で海外現法向けの部品輸出を担当しています。