バンコク郊外の治安

20040901c

バンコクに住み始めてからそろそろ2年になるが、いまだ詐欺や窃盗の被害に遭ったことは一度もない。日頃から麻薬や貧困の温床となっている娼婦との関わりを極力避けて、不審な人物が少ない集合住宅を選んで生活していれば、このような被害に遭うことは普通では考えられない。

しかし、バンコクの郊外にある安アパートとなると、どうも事情が異なるようだ。

夜、ノンタブリー県第3農民市場公団のちかくにあるコンドミニアム(家賃2,500バーツ, 冷房なし)に住んでいる友人から「金目のものを根こそぎ盗まれた」という電話があった。被害にあったのは、テレビ、ミニコンポ、レポートの作成に欠かせないパソコンなどだ。このコンドミニアムには、学生のほかにも単純労働者や娼婦などが多数住んでいるため、麻薬の購入資金に困った住人による窃盗事件が頻発しているという。

被害の状況をひととおり聞いてから、今後の生活費について話していたところ、ふと自分の家計の状態が気になって財布のなかから ATM の利用明細書を取り出してみた。そこで、このままでは来月の家賃すら払えないような事態に陥っていることに初めて気づいた。先月末に最新型の携帯電話を衝動買いしてしまったせいだ。その携帯電話で話を続けながら、寝室と居間のあいだを行ったり来たりしていたところ、勉強机の中から大量の1万円札が発掘され、盗難にあったばかりの友人を前にして無邪気に大喜びしてしまった。

あす、教授にプレゼンテーションしなければならないペーパーの作成に一日を費やした。

ABOUTこの記事をかいた人

2001年に金融機関の社内SEを辞めてタイへ渡り、タイ国立ヂュラーロンゴーン大学文学部が開講している外国人のための集中タイ語講座、インテンシブタイ・プログラムを修了しました。その後、アメリカ・ロサンゼルスにおける語学留学を経て、2006年にヂュラーロンゴーン大学大学院の東南アジア研究科修士課程を修了。以来、機械部品商社の海外営業、生産設備商社の海外営業を経験し、現在は機械メーカーの国内営業部門で海外現法向けの部品輸出を担当しています。