ドーンムアング空港まで友人を迎えに行く方法

これまでもドーンムアング空港までクルマで友人を迎えに行く方法については試行錯誤を繰り返してきたが、空港の駐車場には駐めずに3階の出発ロビー前で待ち合わせ、そこでピックアップするのが一番手っ取り早いという結論になった。しかし、きょうは友人より早く空港に到着してしまい、出発ロビー前の道路で長時間クルマを動かさずにいたところ、警備員に注意され、クルマを移動するよう指示を受けた。

「もう2階のエレベーターまで来ているから、あと2分だけ待ってくれ」

友人は僕が警備員と押し問答をして時間を稼いでいるあいだに到着し、急いでトランクに手荷物を詰め込んで、無事その場を後にすることができた。

輸入食材が日本の3倍もの価格で取引されているバンコクでは、今回、友人が日本製即席焼そばを48個も持ってきてくれたことは大きな意味を持つ。

きょうは大学へ行って朝から夕方まですべての講義に出席し、Starbucks Coffee でクラスメイトたちと合流してから夕食をとりに出かけ、その後、バンコク・ドーンムアング空港へ友人を迎えに行った。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。