マヒドン大学

มหาวิทยาลัยมหิดล (มหิดล)
マハーウィッタヤーライ・マヒドン (マヒドン)
種別
準上位国立大学
設立年 2432年 (西暦1889年)
所在地 バンコク都ラーチャテーウィー区(パホンヨーティン通り6番地・歯学部)、バンコク都バーングゴークノーイ区シリラート町(パラーンノック通り2番地・医療技術学部・看護学部の一部・医学部附属シリラート病院)、バンコク都バーングゴークノーイ区バーングクムノン町(バーングゴークノーイタリンチャン通り・看護学部の一部)、バンコク都ラーチャテーウィー区パヤータイ町(ラーマ6世通り・医学部附属ラーマーティッバディー病
院・理学部)、バンコク都ラーチャテウィー区パヤータイ町(スィーアユッタヤー通り442番地・薬学部)、ナコーンパトム県プッタモントン郡サーラーヤー(プッタモントンサーイ4通り・工学部・人文社会学部・獣医学部・環境資源学部・大学院・ドゥリヤーング芸術学校・国際学校・ラーチャスダー学校・体育技術学校・歴史学校)、バンコク都ラーチャテーウィー区(ラーチャウィティー通り・医学部ローン校・公衆衛生学部)、バンコク都ヂャトゥヂャック区(ラッチャダーピセーク通り・タイ語課程経営学校)、バンコク都サートーン区(南サートーン通り・国際課程経営学校)
設置学部 理学部・看護学部・薬学部・歯学部・医学部・医療技術学部・工学部・獣医学部・公衆衛生学部・人文社会学部・シリラート病院医学部・環境資源学部・経営学部・修士博士課程、経営カレッジ・ラーチャスダーカレッジ・ドゥリヤーング芸術カレッジ・体育技術カレッジ・インターナショナルカレッジ・歴史カレッジ
標準学費 約6,000バーツ/学期
公式Wweb http://www.mahidol.ac.th/
入試難易度 人文科学 情報なし
経営学 情報なし
法学
医学 2位(シリラート病院医学部医学科・正答率71%、倍率5倍)
工学 8位(工学部工学科・正答率44%、倍率16倍)
キャンパス 建築物 70点(古い日本の大学よりもイケてる)
学生街 60点(サーラーヤー校:飲屋街はないが、大学前にたくさんの料理店がある)
オシャレ 60点(派手ではないが清潔感あり。一般的な国立大学ファッション)
ボディコン 20点(大半の学生は制服を正しく着用している)
歴史 2429年 病院建設委員会、プラミントラマハーヂキュラーロンゴーン・プラヂュンラヂョームグラーオヂャオユーフワ国王陛下の勅旨を賜っり、さらにラーマ3世以来宮殿として使用されていた土地と16,000バーツを下賜され、タイ初の病院建設計画が始動する。
2430年 病院建設委員会、シリラートガクッタパン・プラヂュンラヂョームグラーオユーフワ親王殿下の行幸を賜る機会を得て、病院運営資金56,000バーツを拝領する。
2431年 国王陛下を招いて病院を開設し、「シリラート療養所」の名を下賜される。
2432年 「医学学校」、プラヂュンラヂョームグラーオユーフワ国王陛下の許可を得てシリラート療養所内に設置され、読み書きができる15名が2年間の医学専修課程の学生として受け入れられる。
2434年 ジョージ・ビー・マックフォーランド、医学学校の教師として迎え入れられる。第一期生9名が卒業する。
2436年 「医学者学校(ペータヤーゴーン学校)」、医学学校から名称変更。
2443年 「ラーチャペータヤーライ学校」、プラヂュンラヂョームグラーオヂャーオユーフワ国王陛下および王妃陛下により、医学者学校から名称変更される。
2446年 医学専修課程、4年に拡充。
2460年 「ヂュラーロンゴーン大学医学部」、ラーチャペータヤーライ学校を併合。(その後、「シリラート療養所附属医学部」と名称変更)
2486年 「医学大学(ペータヤサート大学)」、ヂュラーロンゴーン大学から医学部、附属シリラート病院、歯学部、薬学部、獣医学部を独立させ、公衆衛生省(保健省)管轄の大学として設立。
2403年 医学大学、公衆衛生省から内閣府管轄に移管される。
2508年 附属ラーマーティバディー病院、プラポーンミンタラマハープーミポンアドゥンヤデート国王陛下の勅旨により設立される。医学部、チアングマイ大学に併合される。
2512年 「マヒドン大学」、マヒドン大学設置法に基づき、プラマヒタラーディベートロードゥンヤデートの名を冠する、現在の名称に変更。
2513年 マヒドン大学、ナコーンパトム県サーラーヤー郡の土地1,241ライを購入と、分校設立を奏上。
2515年 マヒドン大学、王室資産管理局からナコーンパトム県サーラーヤー郡の土地1,242ライ20ターラーングワーを購入する。
2519年 マヒドン大学、サーラーヤー校建設に伴う費用と、経済の低迷や物価の上昇に伴い、極度の財政難に陥る。
2526年 マヒドン大学、プラテープ・ラッタナラーチャスダー・サヤームボーロムラーチャグマーリー殿下をサーラーヤー校に招いて、サーラーヤー校開校式典を執り行う。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。