スィーナカリンウィロート大学

มหาวิทยาลัยศรีนครินทรวิโรฒ (มศว.)
マハーウィッタヤーライ・スィーナカリンウィロート (モーソーウォー) シーナカリンウィロート
種別 中堅国立大学
設立年 2489年 (西暦1946年、前身は高等師範学校→学芸教育准大学)
所在地 バンコク都ワッタナー区 (スクンウィット23:プラサーンミット校
ナコーンナーヨック県オンカラック郡(オンカラック校)
設置学部 人文学部・理学部・社会学部・教育心理学部・教育学部・看護学部・薬学部・工学部・文学部・歯学部・体育学部
標準学費 12,000バーツ/学期 (Apr. 8, 2007 updated)
公式 Web http://www.swu.ac.th/
入試難易度 人文科学 5位 (社会学部ビジネス言語学科・正答率60%、倍率1倍)
経営学
医学 6位(医学部・正答率66%、倍率13倍)
工学 14位(工学部科学技術学科・正答率39%、倍率3倍)
モデル学費
キャンパス 建築物 60点 (日本の古い大学のよう)
学生街 50点 (高級コンドミニアム街に立地しているため、あまり充実していない。学生向け民間アパートも非常に少ない。不定期屋台市が通用門付近に立つことがある。)
オシャレ 40点 (派手ではないが清潔感あり)
ボディコン 10点 (正しく着用している)
歴史 2489年 教育省管轄の高等師範学校として、プラサーンミット通りに義務教育局長モムルワング・マーラーグンにより設立される。
2492年 プラサーンミット通りに義務教育局管轄の高等師範学校が設立
2496年 義務教育局管轄の学芸教育准大学が、教育省令に基づき高等師範学校の敷地内に設立される。
2496年 学芸教育准大学と改称。プラチャーミット高等師範学校を学芸教育准大学に併合。
2498年 学芸教育准大学初代学長にサーロート・ブワシー教授が就任。
2499年 パトゥムワン学芸教育准大学、バーングセーン学芸大学設立。タイにおける2番目の高等教育機関となる。
2510年 ピサヌローク学芸教育准大学設立。
2511年 マハーサーラーカーム学芸教育准大学、ソンクラー学芸教育准大学設立。
2512年 プラナコーン学芸教育准大学、プラナコーン准大学敷地内に設立。その後、バンコク・バーングケーン学芸教育准大学と改称。
2513年 学芸教育准大学の一部として、教諭局管轄のパラスクサー大学を編入。パラスクサー学芸教育大学と改称。
2517年 勅書により、スィーナカリンウィロート大学と改称。サンスクリット語で大都市に繁栄する大学の意。略称を「モーソーウォー」、英文名称を「Srinakharinwirot University」とする。
2517年 国立大学省管轄スィーナカリンウィロート大学設置法(第91編の112)により、学芸教育准大学プラナコーン校を除く学芸教育准大学8校が統合され、それぞれスィーナカリンウィロート大学の分校となる。(スィーナカリンウィロート大学プラサーンミット校、パトゥムワン校、バーングケーン校、パラスクサー校、バーングセーン校、マハーラーラーカーム校、ピサヌローク校、ソンクラー校)
2533年 スィーナカリンウィロート大学バーングセーン校が独立し、ブーラパー大学に昇格。スィーナカリンウィロート大学ピサヌローク校が独立し、ナレースワン大学に昇格。
2536年 スィーナカリンウィロート大学パトゥムワン校とバーングケーン校がプラサーンミット校に吸収統合され、中央校となる。
2537年 スィーナカリンウィロート大学マハーサーラーカーム校が独立し、マハーサーラーカーム大学に昇格。
2539年 スィーナカリンウィロート大学ソンクラー校が独立し、タクスィン大学に昇格。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。