パッタヤー最高のリゾートホテル「ロイヤルクリフビーチリゾート」 (友人のバンコク訪問 1日目)

高級ビーチリゾート。その条件はホテルにプライベートビーチがあって、カクテルバーを併設した巨大なプールが備わっていること。

20040528-2今回は高校時代のクラスメイトたちとホテルRoyal Cliff Beach Resortに宿泊している。南パッタヤーとヂョームティアン海岸のちょうど中間に位置する岬の先端部分にあり、ホテルの隣にそびえ立っているパッタヤー第5海軍電波塔がある丘からは南北パッタヤーの海岸が一望できる。宿泊料金はバンコク都内の旅行代理店価格で1部屋3,400バーツだった。

快適なリゾート気分を演出するパッタヤーのリゾートホテルにもいくつか致命的な難点がある。ひとつは、中心部の繁華街から遠く離れたところにあるため移動が困難なこと。もうひとつは、近くにほかの資本による商店がないため、どうしてもホテル内の割高なサービスに依存せざるを得ないこと。こういった事情から、プライベートビーチがあるホテルに泊まるときには、クルマ(もしくはレンタルバイク)など自前の移動手段がないと、「本来のパッタヤー」を満喫できなくなるおそれがある。

午前9時頃にバンコクを出発し、大規模スーパーTesco Lotusの北パッタヤー店にあるタイスキ(タイ風鍋料理)チェーン店のMKで昼食をとった。夕食はタイの王宮料理。やはりタイ料理はあまり日本人の口に合わないようで、友人たちも心なしかグッタリとしていた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。