オートーゴー 地元民向け飲屋街

今更のようだが、クラスメイトたちはかなりの酒好きで、今晩も高架電車スラサック駅前のスパ「ヘルスランド・サートーン」で友人とアロマテラピーの香りを満喫しながらタイ古式マッサージを受けていたところ、いつものようにクラスメイトからのショートメッセージを受信した。

「モーチットまで来るかい? 俺たちは『オートーゴー』という場所にある『ヤッガラドック』というパブにいる」

オートーゴー
อตก. (องค์การตลาดเพื่อเกษตรกร, オンガーンタラートプアガセータゴーン) 農民市場公団

僕は高架電車モーチット駅周辺の地理に疎い。仕方なくクルマでモーチット駅前まで行ってバス停の並びに路上駐車して、そこからタクシーに乗って目的地へ向かった。

「あーあ。年寄りや外人は私たちだけね。このあたりは、若者たちでいっぱいだわ」

クラスメイトが言うように、この界隈にいる若者たちの平均年齢は20歳前後で、水曜日の夜でもこの賑わいなら、週末はさぞ大変なことになっていることだろう。

この付近には約20件の飲食店がある。ある店はまるでディスコのようだし、またある店ではバンドの生演奏が行われている。酒のつまみは周囲にある屋台で買うだけで済むから、費用を極限まで抑えられる。

この日、クラスメイトたちは午後10時からずっと飲んでいたという。午前1時に到着した僕は会費の支払いを免じられた。ひとり200バーツだった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。