「日本人は愛国主義者だ」

日本人愛国主義者説。タイ人とフツウにコミュニケーションがとれる日本人であれば、バンコク生活のなかで一度は聞く仮説もしくは風評だ。その根拠は、日本人が日本製品をこよなく愛し、日本国に対して絶対の自信を持っていることとされている。

個人的には、この仮説は間違っていると思う。一億層中流と信じている日本人が、単に「自分は中流である」という夢や妄想を満たすために、自分以下の人を見つけては差別的に扱うことに喜びを見いだしているにすぎないのではないか。本当は「日本人は愛国主義者などではなく排他的な差別愛好家なんだ」と自分の意見をストレートにぶつけてみたいところだったけれど、まさか国力に大きな隔たりがある国の人々にこのような主張を唱えられるはずもなく、タイ人にこの仮説を聞かされるたびに僕はいつも俯いて黙り込んでいる。

今日の遺跡はつぎの7ヶ所。アーナーヂャック・ナコーントム(アンコールトム)、プラーサート・バーヨン、ワット・トーリーゲート、プラーサート・チャルング、ピマーンアーガート、プラーサート・テープパノム、プラーサート・プラーサート・プレーパリライ。すでに忘却の彼方にある遺跡も何カ所かあるが、僕のメモによると今回のカンボジア遺跡調査旅行では少なくとも25の遺跡を回った。クラスメイトたちも遺跡にはもうウンザリといった様子で、研究者(カンボジア考古学)の解説を無視してダラダラと無駄話ばかりをしている。

カンボジア語の固有名詞について、このシリーズではタイ語の表記を元に日本語に起こしています。これは筆者がタイ語環境のなかで遺跡を回ったからです。カンボジア人クラスメイトによると、英語的な発音よりもタイ語的な発音のほうがカンボジア語発音に近いそうですが、いずれにせよ日本で一般的に用いられている英語発音から起こした日本語表記とは異なります。

今回の遺跡めぐりについて、タイ人クラスメイトはこう話している。

「まだ徴兵されて軍事教練を受けていた方がマシだ。機関銃をぶっ放してさえいればいいから、こんな長時間も直射日光にさらされることはないし、こんな長距離を歩かされることもない」

今回のカンボジア旅行で僕はすっかり日に焼けてしてしまった。一見しただけではタイ人との見分けが付かないかも。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。