ヂュラーロンゴーン大学英語検定試験模擬問題集 (LA留学生日記より)

現在、英語能力の証明手段としては TOEFL Institutional Test のスコアしかないけれど、おととい進学希望先のタイ国立ヂュラーロンゴーン大学大学院から TOEFL Institutional Test では英語能力の証明にならないと言われたため、時間的な制約もあってヂュラーロンゴーン大学が主催している CU-TEP という英語検定を受けてみてその結果に賭けてみることにした。

CU-TEP の出題傾向は TOEFL とほとんど変わらないけれど、長文読解問題で出題される文章のひとつの文(ピリオドからピリオドまで)が10個以上のカンマで区切られており延々と6行も続いている。こんな奇妙な文は TOEFL 問題集で見たことがなく強烈な違和感があった。

しかし、それぞれの文章には複数の関係代名詞節がって説明的な構成となっており、知らない単語の意味についても容易に推測できるため、タイにいる友人から送ってもらった過去問を解いてみたところ75%正解した。試験本番でもこの調子で問題が解ければ出願基準のスコアを楽々クリアして、来月には晴れてタイの大学への復帰を果たすことができる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。