ガソリン小売価格高騰 (LA留学生日記より)

これまで1ガロン(4.54リットル)あたり1.91ドルだったハイオクガソリンの価格が、イラク戦争の影響を受けて先々週の月曜日に一気に22%も値上げされて2.32ドルになった。

アメリカで2番目に人口が多いロサンゼルスにはさまざまな人々がそれぞれ個性的な街を形成している。市街地の領域だけでも日本の首都圏に匹敵する広さがあり路線バスの整備が遅れているため、どこへ行くにしても大量のガソリンを消費するクルマで移動せざるを得ない。

「ガソリンの値段ってそんなに上がってたっけ?普段から気にしてないから知らなかったよ」

一人の例外を除く友人たちはみんな今回のガソリン価格の急騰に眉を細め顔をしかめている。

きょうは労働者の日のため語学学校が休みだった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。