違法駐車 罰金22ドル (LA留学生日記より)

けさ、学校へ行こうとシェアハウスの前に停めてあるクルマに乗ろうとしたところ、フロントガラスに緑色の封筒が貼り付いているのに気づいた。封筒には Parking Tiket(駐車違反切符)と書かれており、中には駐車違反場所や制裁金の額のほか車両の登録情報が記載されている紙が入っていた。

今回は「無許可深夜駐車」で制裁金は22ドルだった。支払期限は20日後で、支払期限を超過すると制裁金の額が53ドルに跳ね上がる。制裁金は緑色の封筒に銀行小切手を入れて郵送するか、もしくは市当局へ直接出向けば納付できる。

これは6月6日の日記「合法的路上駐車1」にあるように、きちんと正規の駐車許可手続を済ましていれば回避できたため、近日中に市当局へ行って近隣住民車両登録をしておきたい。

夜は毎週金曜日恒例のホームパーティー兼英文聖書翻訳会に参加した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。