住宅賃借契約 その1 (LA留学生日記より)

きょう友人のアパート探しに付き合ってみところ良い物件を見つけた。ベッドルームが3部屋あって、リビングやキッチンのほかシャワールームが2部屋もある。家賃は1,350ドルで、3人でシェアすればひとりあたり450ドルと負担も少ない。平均的な2ベッドルームが1,250ドルだから割安感もある。

アパート前の看板にあった番号に電話をかけてみたところ、20分後には不動産屋の担当者が来て部屋の中を見せてくれた。3部屋あるベッドルームのうち2部屋は6畳ぐらいの個室で、主寝室は8畳ぐらいあってシャワールームも付いている。リビングは16畳ぐらいあって使いやすそうだけど、キッチンの貧弱さが気になった。

あす、正式な契約書を受け取るためにアルハンブラ市の西メイン通り1300番地にある不動産屋へ行く予定になっている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。