Primm のファッションアウトレットモール (LA留学生日記より)

せっかくラスベガスまで来たのだからアウトレットモールに寄ってカジュアルウェアを調達しておきたい。ロサンゼルスにおける服の流行が日本のよりはるかにカジュアルなため持ってきた服のほとんどが着られず、深刻な洋服不足に陥っていることもあって着られる服がなんとしてでも欲しい。

ラスベガスからロサンゼルスへ戻る途中でカリフォルニア州とネバダ州の境にある Primm という街に寄った。この街はドライレイクと呼ばれる広大な砂漠地帯のど真ん中にあって居住には不向きなため、地元住民による市街地が形成されておらず大型ショッピングモール「ファッションアウトレッツ」と3件のカジノホテルしかない。

ここには有名ブランド80ほどが出店しているが、ここでそのすべてを紹介していたら何行あっても足りないから、詳しくは Primm Fashion Outlets のウェブサイトをチェックしてほしい。

これまでバーストウの街で調達した安物の GAP でずっと我慢していたため、 Banana Republic と Guess で被服品を250ドル分ほど買い込んだ。

不便な立地にあるため、ここでは都市部での値崩れを心配することなく型落ちした在庫品を思い切った値引きで処分しているという。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。