しゃぶしゃぶと寿司の店 Shabushi

きょうはマーブンクローングセンターの7階にあるタイスキ屋 MK で高校時代の友人とエーンの3人で昼食をとった。エーンの提案で夕食は高架電車サーラーデーング駅前にあたらしくできたしゃぶしゃぶと寿司の店 Shabushi へ行くことになった。

Shabushi はあの悪名高いエセ日本料理店チェーン「オイシ」の系列店だった。

店内へ入ると回転寿司のようなカウンター席に案内された。タイではなかなか食べられない「しゃぶしゃぶ」を楽しみにしていたけれど、コンベアに流れていたのは玉子やカニカマなどの安いネタしか乗ってない寿司やタイスキの具材ばかりで、テーブルの上にはなぜかタイスキのタレがあった。

こんなの「しゃぶしゃぶ」じゃない。安物の寿司がついてくるだけの「回転タイスキ屋」だった。昼夜連続でタイスキとはキツすぎる。あまりの不味さに途中で席を立つことも考えたけれど、食べ放題の料金(210バーツ)は前払いしていたから仕方なく食べ続けた。

これまでエセ日本料理店チェーン「オイシ」の系列店では良い思いをしたことが一度もない。タイ資本の日本料理店はどこも例外なく不味い。しかもエセ日本料理屋の分際で値段だけは先進国レベルだから本当に腹立たしい。この日本の面汚しめ!!

エセ日本料理チェーン Oishi の系列店でなんとか食べられるのはオイシラーメンぐらいだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。