ナンパ適齢期

「どうして MOS から RCA へ移動したのよ? あなたの友達がナンパするんだったらゼッタイ MOS しかない。 RCA でナンパするんだったら・・・・・・そうねえ、高校生とか大学生じゃないと女の子から相手にしてもらえないんじゃないかしら。あなたと一緒に行った友達って何歳だったの?」

今晩、日本人駐在員の友人とディスコ巡りをした。ナンパは失敗に終わった。 RCA とカーオサーンが好きなエーンによると、いくら外国人でも30歳の男が Royal City Avenue (RCA) でナンパをするのは無理があるらしい。でもスクンウィット12街路にある Ministry of Sound (MOS) ならナンパ待ちの女性も多いから難しくないという話だった。いずれにしても30歳を超えたらディスコでナンパするのは望み薄とか。

やはりタイを本当に満喫できるのは20代のときだけかもしれない。女性関係に限っていえば、ナンパできるか、買春するしかないかという点で天と地ほどの開きがある。

それにしても、ナンパで得られるものの価値に対してナンパで必要とされる精神的な負担が過大すぎるように感じるのは気のせいだろうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。