集中タイ語コース修了証

けさ、ヂュラーロンゴーン大学の文学部本館105号室にある集中タイ語講座の事務局で誤植のため再発行されるのを待っていた修了証を受け取った。証書は A4 サイズの白色光沢紙にカラープリントされている。

คณะอักษรศาสตร
จุฬาลงกรณ์มหาวิทยาลัย

ヂュラーロンゴーン大学
文学部

ออกหนังสือสำคัญฉบับนี้ให้ไว้เพื่อแสดงว่า
MR. Keiichi
ได้เข้ารับการศึกษาอบรมตามหลักสูตร ภาษาไทยสำหรับชาวต่างประเทศ
(ระดับพื้นฐาน ๑ – ระดับสูง ๓)
ระหว่างวันที่ ๒ มกราคม ๒๕๔๕ ถึงวันที่ ๑๐ มกราคม ๒๕๔๖
และมีสัมฦทธิผลตามเกณฑ์ของหลักสูตร
この証書はつぎのとおり証明する。
2545年1月2日から2546年1月10日までの
外国人のためのタイ語講座課程を受講し
(初級1~上級3)
同課程を修了した。

ให้ไว้ ณ วันที่ ๑๐ มกราคม ๒๕๔๖
2546年1月10日
คณะบดีคณะอักษรศาสตร์    ประธานกรรมการจัดอบรม
文学部学部長    講座運営責任者 

その後、日本人が経営している IT 会社へ行って昼食をご馳走になり、このホームページのリニューアルについて相談に乗ってもらった。日記更新プログラムを無料で作ってもらえることになった。

別の友人宅に遊びに行って飲み屋を2件はしごした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

  • tk

    ずいぶん以前の記事に失礼いたします。
    チュラ大のこのコースに興味があり、拝見しました。
    ケイイチさんは、上級の最後まで終了されましたが、
    例えば、途中で終わった場合でも、このような修了証はもらえるのでしょうか?

  • tk

    ずいぶん以前の記事に失礼いたします。
    チュラ大のこのコースに興味があり、拝見しました。
    ケイイチさんは、上級の最後まで終了されましたが、
    例えば、途中で終わった場合でも、このような修了証はもらえるのでしょうか?

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。