上級3試験

ヂュラーロンゴーン大学文学部主催の集中タイ語講座の最終試験。

集中タイ語講座の試験はおおむね6週間に1回の頻度であり不合格になった学生はコースから追い出される。今回はそのテストの9回目だった。小説の読解、テレビショッピングのリスニング、ダム建設や経済学に関するコラムの読解と意見論述などの問題が出題された。

先日来の懸案だった送金遅滞問題は解決した。試験終了後にクラスメイトとビリヤードをするためにパットポング通りへ出かけたときに ATM を確認したところ74,188バーツが入金されていた。クラスメイトから食べきれないほど大量の焼肉をごちそうになった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。