タイの正月休み

タイの正月休みは大晦日と元日の2日しかない。アパートの前にあるクリーニング屋のシャッターには「12月29日から1月1日まで休業します。2日から通常通り営業します」と書かれた張り紙がある。ヂュラーロンゴーン大学も1月2日からは通常通り開講される。

12月上旬になると Merry Cristmas and Happy New Year と書かれた飾り付けがバンコク都内のいたる所でみられるようになって、街中がお祭りムード一色になる。この飾り付けは規模の違いこそあれ大型百貨店にもトゥックテオにもある。この分離不可能なフレーズに表されているように日本のような情緒ある正月をバンコクで迎えるのは難しい。

タイの大学生たちは長期の休暇を楽しむことができないけれど、タイ正月(ソングラーン)がある4月中旬には1週間まるまる休講になる。

夜、高架電車ラーチャテーウィー駅前にあるパブで日本から旅行に来ている友人とハードロックを4時間も聴き続けた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。