カミカゼ特攻モタサイ!

タイの乾期としては珍しく雨が降った。十数日ぶりの雨だった。授業が終わる午後3時には上がっていたけれど、タクシーはまだ雨が降っていたときの客を乗せたまま走っていて、ヂュラーロンゴーン大学の前で20分待っても空車が一台も来なかった。

やむなくバイクタクシーで高校時代の友人と待ち合わせている高架電車アソーク駅前のホテル Sheraton Grande Sukhumvit へ向かった。

バイクタクシーは渋滞中のスクンウィット通りを時速80キロでバイク一台分の隙間を縫うように走った。約20分間の臨死体験アトラクションの末、ようやく目的地に到着した。運賃は80バーツだった。バイクタクシーを安全運転したときの3分の1の時間で済んだが、こんな思いをするぐらいなら友人をあと40分間待たせたほうがまだ良かった。今後、長距離の移動にはバイクタクシーを使わないようにしたい。

ホテル Sheraton Grande Sukhumvit でディナービュッフェ(ひとり890バーツ, 食事券を使って無料になった)を友人にご馳走になり、その後、友人が宿泊している Royal Orchid Sheraton Hotel & Towers の Deluxe Suite を見物した。積もる話でもしようと思っていたけれど、いつの間にかソファーで眠ってしまったようで目が覚めたら午前2時半になっていた。

きょう両親に依頼していた送金が実行された。到着は年明けになる見込み。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。