小説「二世界放浪記」

授業終了後、ヂュラーロンゴーン大学のブックセンターで宿題の記事要約に使う雑誌と、いまハマっているドラマ「二世界放浪記」の小説版を買った。部屋でドラマの第1話分が収録されている1~29ページを読んだ。

二世界放浪記の小説版はヒロインのブワブッサヤーによる回想録形式で書かれており、授業では教えてくれないミーハーで下品なタイ語や、授業では教えてくれない上品すぎて使われなくなった古典的なタイ語が多数登場する。

物語中に登場する古典的タイ語はつぎのとおり。

1. 「あんた、どこから来たんだ?」 ・・・・・・ )เธอมาจากที่ไหน(ターマーヂャークティーナイ)เจ้ามาแต่ที่ใด(ヂャーオマーテーティーダイ
2. 「オレは誰も助けていない」 ・・・・・・ )กูไม่ได้ช่วยใครหรอก(グーマイダイチュワイクライローク)ข้าไม่ได้ช่วยผู้ใดดอก(カーマイダイチュワイプーダイドーク
3. 「なぜ」 ・・・・・・ )ทำไม(タンマイ)เหตุใด(ヘートダイ

 

口語日記調のタイ語文も勉強できて有意義だった。

นิราศสองภพ
二世界放浪記(ニラートソーングポップ)
ผู้เขียน : ฐา-นวดี / สุพล
著者 : ターナワディー / スポン
จัดพิมโดย สำนักพิมพ์ดับเบี้ลนายน์ ( ตุลาคม ๒๕๔๕ )
発行所 : ダップブーンナーイ出版社(2545年10月)
ราคา : ๒๒๐ บาท
価格 : 220 バーツ
จำนวนหน้าเล่ม : ๔๑๔ หน้า
総ページ数 : 414 ページ
ISBN : 974-660-100-8

 

奇妙なタイ語に囲まれて幸せを感じている。きょうの日記を書き終えたらベッドで横になって続きを読もう。・・・・・・ソファーが欲しい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。