ディスコ Narcissus Club

きょうはヂュラーロンゴーン大学文学部主催の集中タイ語講座上級1の試験日だった。まったく試験対策をしていなかったけれど、授業中に新出単語を丸暗記していたため、まるで赤子の手をひねるかのごとくカンタンに解けた。

夜、ホテル Grand Pacific 8階の日本料理店「吉左右」で、日本人やアメリカ人の友人たちと寿司をはじめとする日本料理の食べ放題を堪能してから、スクンウィット23街路にあるクラブ Narcissus Club へ行った。雰囲気はなかなかだが、客層は今ひとつだった。

「ここにいるのは田舎オヤジとオカマと売春婦だけだ。なんと下品なんだ!」

アメリカ人の友人はそう嘆いていたが、この店はルールを無視してガンガンにハジけたい人にはサイコウかも。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。