エーンの新アルバイト

早朝、シャワーを浴びていたときに、未明からアルバイトに出ているエーンから電話があった。

「ねえ、きょうの仕事は Siam Discovery Center 前なんだって!またとない機会だからゼッタイ見に来て!あさ10時までだからね!!」

Siam Discovery Center は、ペッブリー18街路にあるアパート Venezia Residence からヂュラーロンゴーン大学文学部までの道のり1.9kmの中間地点にある。パヤータイ通りとプララームヌング通り(ラマ1世通り)が交わるパトゥムワン交差点までバイクタクシーで行ってみると、緑色の謎の衣装を着ている7人組が信号待ちをしている車列の最前列でボタンプラスという飴菓子の宣伝をしていた。このバイトの日給は400バーツで、数ヶ月前までバイトしていた酸素吸引屋の約2倍にあたる。

夕方、タイのベストセラー หนังสือโป๊(エロ本)を日本語訳した白石昇さんたちとラーングナーム通りのタイカラオケ屋で飲み、その後、ペッブリータットマイ通りにあるホテル Amari Atrium でアメリカ人の友人と午前2時まで飲み続けた。今晩はエーンも珍しくずっと一緒にいた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。