タイ語でアメリカ人と長電話

夜、美容と健康のために早寝しようと精神科医から処方された睡眠導入剤を服用した直後にアメリカ人クラスメイトからの電話がかかってきた。内容は女子高校生が興味津々に語り合うようなものばかりだったけれど、それでも家族のことや大学の専攻のこと起業の方法など多岐にわたった。まさかアメリカ人とタイ語で1時間40分も長電話することになろうとはタイ留学前には想像していなかった。

睡眠導入剤の効果は服用後約30分で現れる。電話中、睡魔に抗うのに苦労した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。