携帯情報端末「パーム」 その1

ヂュラーロンゴーン大学文学部主催の集中タイ語講座中級2には、携帯情報端末「パーム」のタイ英辞書を使っているクラスメイトがいる。タイ語を途中まで入力すると候補の一覧が表示されてクリックするだけで英訳を参照できる。クソ長い綴りをいちいち入力する必要はない。きのう電子辞書が壊れてしまったのでこの機会にパームの購入を検討したい。

きょうの授業は与えられた課題について論説文のような硬い文体で書く自由作文だった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。