タイ北部旅行最終日

朝、チアングマイ市内にあるホテル「スリトーキョー」をチェックアウトしてレンタカー屋にクルマを返却。レンタカー屋のオーナーにタイ国鉄チアングマイ駅まで送ってもらった。

特急「スプリンター号」で提供された軽食は往路と同じだった。午後のおやつを断って寝ているうちにバンコクへ到着した。タイ国鉄ドーンムアング駅停車時に空港のオレンジ色の照明が見えて、なぜかバンコクの Go Go Bar を思い出して郷愁を感じた。タイ国鉄マッガサン駅からタクシーでペッブリー18小街路にあるアパートへ戻った。

帰宅後、エーンはケータイをハンズフリーにして親友のヂョーイと話していた。

「わざわざチアングラーイまで行って何をしてきたと思う? The Pizza Company でピザを食べて、その近くの Seven Eleven でお菓子を買っただけよ」

ケータイのスピーカーからジョーイの声が聞こえてきた。

「ちょっと聞こえてる? どうしてチアングラーイまで行ってピザ食べなきゃいけないのよ?普通、旅行先ではその土地の名物を食べるもんじゃないの?」

・・・・・・たしかに仰るとおりです。

久々に友人の日記をチェックしてみたところエーンという名前のカノジョができたと書いてあった。

「これからややこしくなるわね。わたしをエーン1号、もうひとりをエーン2号と呼びましょうよ」とエーンは言うけれど、友人が付き合っているエーンのほうが先に生まれている。

「でも2号と呼ばれるのだけはイヤ。じゃあ、あっちをエーンオーと呼ぼうよ?」

タイ人のニックネームは短いからどうしても他の人のニックネームと被ってしまう。エーンが提案していた「エーンオー」は、オーさんのエーンという意味。どうやら小エーンと大エーンということで落ち着きそうだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。