銀歯が取れた!!

きょうは自習仲間が仕事に出かけてしまったため、授業終了後に Siam Discovery Center 6階にあるエーンのバイト先 Oxygen Bar で復習をした。どうせ客は来ないしヂョーイも非番だから勉強のために店のスペースとエーンを独占できる。ソフトキャンディーの mentos をかじりながら教科書を読んでいたところガリっと硬いものを噛んだ。

1. 歯が抜けた (かなり懐かしい感覚)
2. 差し歯が抜けた(差し歯なんてあったっけ?)
3. 銀歯が外れた

とっさに三択問題が頭をよぎったけれど銀歯が外れた以外には考えられない。 Oxygen Bar の50m先にある連絡通路で Siam Discovery Center とつながっている Siam Center に歯医者があるのを思い出したが、「 Siam Center の歯医者なんて高いに決まってんじゃん!歯医者ならラーチャテーウィー駅前にもあるじゃないの!」とエーンに強く反対された。

多少割高でも今すぐ治したかったため、外れた銀歯を持って Siam Center 4階にある Siam Center Dental Clinic へ行った。歯医者の受付で費用について聞いてみたところ「おそらく500バーツ未満」と話していた。海外旅行傷害保険では歯科はカバーされていないため全額自費となるが1,500円で治療を受けられるなら高くはない。

この歯医者でもタイ人と間違えられてネイティブスピードのタイ語の雨あられに直撃された。最近、タイ語で相手が言っている内容を推測できるようにはなったけれど、それでも専門用語だらけのタイ語をネイティブの速度で話されると身構えてしまう。

ふたたび Siam Discovery Center 6階にある Oxygen Bar へ戻って、僕がタイ人と間違えられる原因についてエーンに聞いてみたところ、「ふつう日本人の目は中国人のように小さいでしょう?でもあなたの目はタイ人のように大きいから間違えられるのよ。一言も発しなければ誰がどう見たってタイ人だからね」と言われた。

一説によるとタイ人男性は日本人女性にモテるという。モテの仲間入りができるのならそれはそれで納得しておこう。

日本にいたころは日本人の中でもかなり白いほうだったけれど、タイに来てからの5ヶ月間で肌の色がだいぶ黒くなった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。