タイで宅配ピザ屋のオンライン注文を利用してみた

きょうは、ワンマーカブーチャー(万仏節)というタイにおける仏教の祝日で、ヂュラーロンゴーン大学文学部が開講している外国人のための集中タイ語講座、インテンシブタイ・プログラムも休講になった。

万仏節

仏教徒が、ブッダが入滅する3ヶ月前の陰暦3月に王舎城の竹林精舎で戒律を説いた。そのときブッタが具足戒を与え、悟りを得た1250人の比丘が何の事前の知らせもなく集結した奇跡を記念した日。タイでは、人々は寺で説法を聞き、手に蝋燭を持ち本堂を3巡する。公共の場では基本的に、禁酒になる習慣がある。

出典:ウィキペディア(万仏節

午後、エーンから電話があって、サヤームディスカバリーセンターの6階にあるエーンがアルバイトをしている酸素バーへ呼び出され、そこからパトゥムワン交差点を挟んで斜め向かいにあるマーブンクローングセンター4階の携帯電話売場へ行き、エーンのお気に入りの歌手、ブリトニー・スピアーズのコンサートが収録されている DVD の海賊版を購入した。200バーツだった。

その後、マーブンクローングセンターの6階にある KFC へ寄って、エーンがブリトニー・スピアーズのプロマイドが付いてくるセットメニューを注文して代金を支払ったところ、カウンターの奥から出てきたのは料理だけで、このときになってはじめて肝心のプロマイドが品切れになっていることを知らされた。

「おまけが品切れになっているのに、おまけ付きの商品を販売し続けるなんて、あまりにも卑怯だ」

エーンは、そのように言って憤っていたが、タイは職業倫理も消費者保護も不完全な発展途上国だ。もしここがアメリカであれば、店を訴えることもできたのかもしれないが、タイにいるのではどうしようもない。

少し気の毒だったので、夕食はエーンの好物であるピザを注文しようと提案してみたところ、宅配ピザ大手の The Pizza Company であればオンラインで注文できると言われて、さっそく試してみることになった。

まず、自分の名前のほか、自宅の住所や電話番号を入力してユーザー登録を済ませてから、画面の左側にあるログイン欄に ID とパスワードを入力してログインした。つぎに、画像付きのメニューからピザとサイドメニューを選択し、最後に合計金額を確認して送信ボタンを押せば、指定した時刻にピザを部屋の前まで宅配してくれる。……はずだが、注文フォームにある「ご希望のお届け時刻」という項目にどんな数字を入力しても、注文ボタンを押した25分後にはピザが届けられ仕様になっているようだ。

まさか、こんなに早くビザが届くとは思いもよらなかった。まだ胃の中に KFC で食べた料理がたっぷりと残っているのに、いったいどうすれば良いのか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。