タイの王室について (初級1-20)

ヂュラーロンゴーン大学文学部ボーロムラーチャグマーリー館の706教室で、午前10時から午後3時まで、外国人のための集中タイ語講座、インテンシブタイ・プログラム24日目の授業がおこなわれた。

きょうのテーマはタイの王室だった。タイの王室について、授業のなかではつぎのように紹介された。

タイの王室について

タイは古くから専制君主によって統治されてきたが、王権が誤った目的で行使されたことはなく、歴代の国王はみな臣民の生活向上のために力を注いできた。1932年、従来の専制君主制は立憲君主制によって取って代わられたが、その後も国王はタイの指導者として引き続き国内の安定に務め、国民からの尊敬を集めた。1946年、現代のタイ人が ในหลวง(ナイルワング)と呼んでいるプーミポン・アドゥンヤデート国王がヂャッグリー朝第9代目の国王に即位すると、さまざまな境遇にある臣民と共にあることを示し、国王と臣民の結びつきを強化する活動をはじめた。国王はすべての臣民の幸福と生活の向上を願い、タイの国内をくまなく行幸し、そのなかで出会った臣民に対して、できうる限りの救済をおこなった。

このような活動を通じて、プーミポン・アドゥンヤデート国王は、すべてのタイ人から「タイ国民の父」としての敬愛されるようになった。タイの臣民は、畏敬の念をもって国王に対して忠誠を誓っている。

君主に対して敬意を示すときには起立する。

赤いガルーダが描かれている黄色の旗はタイ王室の象徴であり、ガルーダはタイ王国政府の紋章として用いられている。

เพลงสรรเสริญพระบารมี(プレーンサンスーンプラバーラミー)は、タイの国王および、その他の王族の偉大さを讃えるために用いられている。王族が参列する式典の最初と最後に演奏される。

タイ語は、相手の社会的地位や状況によって、さまざまなレベルの言葉が使われている。たとえば、タイ語で「食べる」を意味する กิน(ギン)は、公式な場面で話すときや相手が目上の人の場合には ทาน(ターン)や รับประทาน(ラップラターン)といった表現が用いられる。

คำราชาศัพท์(カムラーチャーサップ:王室用語)は、王族のほか、 สมเด็จพระสังฆราช(ソムデットプラサンカラート)と呼ばれるタイの仏教における大僧正に対して用いられる。

その後、タイにおける国王に対する絶対的な崇拝や、過去に起こった軍事クーデターについて、講師がタイ語と英語を織り交ぜながら説明をしてくれた。

ここ数回の授業では、ワーイ、仏教、王室といった、タイ人の価値観がテーマの授業が続いているため、新出単語が少なくてとても助かっている。

タイ語日本語タイ語日本語
พระมหากษัตริย์国王ยืนตรง直立不動
พระราชินี女王 王妃เยี่ยม訪問する
เจ้าฟ้า王子นำAมา持ち込む
ประชาชน国民นำAไป持ち出す
คำราชาศัพท์王語ห่วง心配する
บุคคล個人เป็นห่วง心配
ทหาร軍人ห่วงไย気にする
เจ้านาย上司แก้ปัญหา問題を解決する
ปริญญา学位เอาใจใส่気に留める
ปริญญาตรี学士号ดูแล世話する
ปริญญาโท修士号เทียบ比較する
ปริญญาเอก博士号เปรียบเทียบ比較する
บัณฑิต学位取得者เทียบได้กับAAに相当する
วัง宮殿พระราชทาน下賜する
หอประชุม会議場 講堂เสด็จพระราชดำเนิน行幸する
ชนบท田舎เสด็จ行幸する
สวนสัตว์動物園สมเด็จ殿下
รั้วตื่นเต้นワクワクする
ยศ階級(官吏・軍人)ภูมิใจ誇りに思う
ระดับレベルสวยงาม華麗な
ฝนแล้ง渇水น่าอิจฉา妬ましい
โรคแม้แต่AAでさえ
โครงการプロジェクトAแห่งAヶ所(場所の類別詞)
การประดับไฟイルミネーションดูท่าทางAAのようだ
เพลง音楽ทำงานหนัก重労働
ความสุข幸福เพื่อให้AAするために
ตลอดずっとต่าง ๆさまざまな
หนวกหู騒がしいAแปลว่าอะไรAってどういう意味?
วันเฉลิมพระชนม์พรรษา生誕記念日(国王・王妃)เอาแต่AAのみを志す
เรียนจบ卒業するAตรงกับวันอะไรAって何日?
合計60語

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。