パッタヤーへバカンスに行ってリゾートマンションに宿泊した 1日目

きょうも遅刻した。しかも1時間クラスの遅刻だ。アップルたちと待ち合わせをしていたのは、高架電車サヤーム駅の前にあるサヤームセンターのマクドナルドだった。サヤーム駅まで行くには、ペッブリー18街路にある住まい Venezia Residence から徒歩3分の高架電車ラーチャテーウィー駅まで行って、そこから3分おきぐらいに来る電車に1駅分乗るだけなので、合計で10分ぐらいしかかからない。仮に徒歩で向かったとしても、距離にして1キロぐらいしかないから、15分とかからずに行けるだろう。これではもう言い逃れのしようがない。

サヤームセンターのマクドナルドで朝食をとったあと、高架電車でサヤーム駅からエーガマイ駅まで移動して、そこから徒歩でパッタヤー行きの長距離バスが発着するバスターミナルへ向かった。サヤーム駅で、スィーナカリンウィロート大学に通っている、日本語学校帰りのサとシューにバッタリと出くわした。少しバツが悪かったから挨拶を適当にすませて、すぐにその場から立ち去った。その後、バスターミナルで、アップルやエーンと同じタンマサート大学に通っているプンが合流した。長距離バスはその数分後に出発し、パッタヤーへ向けて走り出した。

パッタヤーには約3時間で到着した。運賃は73バーツだった。エーンの友達が所有しているリゾートマンションはとても巨大で、しかも2部屋もあるスイートルームなのに、なぜかベッドがひとつもなかった。今晩は酒を飲もうという話になって、売場面積が日本の首都圏にあるスーパーの数十倍もあって清潔なショッピングセンターのテスコロータスへ行って、ビールやお菓子のほか、翌朝の朝食などを調達した。

その後、一旦リゾートマンションまで戻ってから、みんなでビーチへ出かけた。いつの間にか、互いに海へ落とし合う遊びが始まって、頭の先まで海水でびしょ濡れになった。

ジーパンが洗濯屋行きになった。洗濯代は20バーツだった。

深夜まで酒を飲み、僕に割り当てられていた隣の部屋へ行って寝ようとしたところ、プンが不思議そうに訪ねてきた。

「なんで、そっちの部屋での寝るの?こっちの部屋じゃ駄目なの?」

―― 日本なら女子と同じ部屋で寝ても問題にはないけれど、タイでは問題になるかと思って無難な選択をしただけだよ。

「それなら、こっちの部屋でも大丈夫ってことよね。そんなに考えすぎることはないよ」

ということで、ベッドのない部屋に4人で横になった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでケイイチをフォローしよう!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

バンコク留学生日記の筆者。タイ国立チュラロンコーン大学文学部のタイ語集中講座、インテンシブタイ・プログラムを修了(2003年)。同大学の大学院で東南アジア学を専攻。文学修士(2006年)。現在は機械メーカーで労働組合の執行委員長を務めるかたわら、海外拠点向けの輸出貿易を担当。